• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • 昼間はIT企業の営業ウーマン、美人サンバダンサーが置かれる現状を語る「“露出好き”の偏見なくしたい」

昼間はIT企業の営業ウーマン、美人サンバダンサーが置かれる現状を語る「“露出好き”の偏見なくしたい」

 『浅草サンバカーニバル』で優勝最多を誇るサンバチームに所属し、花形のダンサーとして活躍していたSATOMARIさん。4年前にはリオのカーニバルにも参加した。現在は、IT企業で営業ウーマンとして働くなか、毎日のようにステージに立ち、サンバダンサーのコーディネートやステージ演出も行う。サンバダンサーを始めたきっかけから『浅草サンバカーニバル』の魅力、二足のわらじを履く働き方について話を聞いた。

サンバダンサーを始めて2ヵ月で『浅草サンバカーニバル』花形ダンサーのポジションに

――『浅草サンバカーニバル』で優勝最多を誇るサンバチームに所属し、花形のダンサーとして活躍されていたSATOMARIさんですが、いつ頃からサンバを始めたのでしょうか?

SATOMARIさん 2002年です。取引先のお客様がサンバダンサーで、一緒に『浅草サンバカーニバル』に出ませんか?」と誘ってくれたことがきっかけです。皆さん楽しい方たちで私も意気投合し、そのまま2ヵ月後には『浅草サンバカーニバル』に出場していました(笑)。

――それはすごいですね。2ヵ月でサンバをマスターできたのでしょうか?

SATOMARIさん 二つ返事で「出ます」と言ったものの、サンバなんて踊ったことがない。そこでサンバチームの方に先生を教えてもらいレッスンに通いました。初めて先生の踊りを見たときは、「どこをどうやって動かしているのかわからない…これは無理だ」と思ったのが正直な感想です。

――それでも2ヵ月後には大舞台に立ったわけですよね。

SATOMARIさん はい。しかも初心者に勧める「アーラ」という群舞があるのですが、どうしてもその衣装を着たくないとわがままを言って(笑)、初めからパシスタという花形ダンサーのポジションで踊らせていただきました。そのため始めてすぐに本格的な個人衣装を買ってしまい、それが続けるきっかけになったのかもしれません。

――そんな『浅草サンバカーニバル』の魅力とは?

SATOMARIさん チーム全体で1つのテーマを表現し、50万人を超えるお客さまに伝えること。全体のハーモニーが作り上げられたとき、涙が出るほどの感動があります。本当にいろいろなことがあって完成したパレード当日の感動はひとしおです。

――では、一番思い出に残っているステージは?

SATOMARIさん 4年前リオのカーニバルに参加し、アレゴリア(山車)の上で踊れたことです。日本の約10倍を誇るサンバダンサーと観客の声援、その熱狂の渦に包まれて行うパレードの感動は今でも忘れられません。もう1つは、2010年に「仲見世バルバロス」のバテリア(楽器隊)の前で2010年にプリンセーザ・ダ・バテリア(トップダンサー)として踊らせていただいた時のことです。まさにサンバの源とも言えるバテリアの音楽を全身に感じながら一体となって踊れたことは最高の名誉であり、最高の経験でした。

“露出好き”“エロい”…サンバダンサーに対する偏見をなくしたい

――普段は、どのような仕事をしているのでしょうか?

SATOMARIさん サンバダンサーをコーディネートし、ステージ構成を考えることがメインの仕事です。私自身も平日の夜と週末はサンバダンサーとしてステージに立っています。そのほか平日の昼間は、サンバの仕事に理解のあるIT企業で営業職に就いています。

――とても忙しいそうですが、現在の勤務先で働くようになったきっかけは?

SATOMARIさん 化粧品の営業をしながら週1回レストランでサンバの仕事する生活を続けていたのですが、5年前にもう1つサンバの仕事が増えたことをきっかけに、サンバ中心の生活をしてみようと思い、会社を辞めました。今の会社に週3日でIT企業の事務職として働いていたのですが、私の特性を見抜いた社長の提案で営業に異動となりました。営業という仕事が好きなので、とても良いお話だったのですが、サンバ中心の生活となるとフルタイムで働くのは難しい。そこでリモートワークを認めて欲しいとお願いしたところ、社長が二つ返事で快諾してくれました。ダンサーも営業職もお客様を笑顔にする仕事。天職だと思っています。

――サンバは露出度も高い衣装ですが、始めた当初は抵抗なかったのでしょうか?

SATOMARIさん 「カッコいいな!」と思ったので特に抵抗はなかったです。それに、素足ではなくタイツを履いているのでどちらかというと着ぐるみを着ている感覚です(笑)。

――周囲の方からは、サンバダンサーであることについてどのように言われますか?

SATOMARIさん 2010年にプリンセーザ・ダ・バテリアとして踊らせていただいたときに、それまで反対していた母親を有料観覧席に招待したところ、「すごいね」と言ってくれて、それ以来認めてもらえるようになりました。でも露出度の高い衣装のため、“露出好き”“エロい”と思われることも少なくありません。そういうサンバダンサーに対する偏見をなくしたいと思っています。一度ステージを見ていただいた方には、「アスリートのようでかっこいい」と思っていただけるようですね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索