アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • “不幸属性”が定着の窪田正孝、夏ドラマで幸せ掴めるか?

“不幸属性”が定着の窪田正孝、夏ドラマで幸せ掴めるか?

  • 窪田正孝(C)ORICON NewS inc.

    窪田正孝(C)ORICON NewS inc.

 本日28日よりスタートする、新ドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系)で主演を務める窪田正孝。幅広い役柄と“カメレオン俳優”とも評される演技力で、デビューから12年、途切れなくドラマや映画に出演し続けている。しかし、近年凶悪犯や逃亡犯、人間を食べる怪物など、悲惨な過去を背負っている役が多く、ファンから「もう幸せな役をやらせてあげて」と切望されるほどだ。不幸を背負った役が演じられるのも高い演技力があってのことだが、そろそろ“幸せな結末”を観たいというのがファンの本音だ。

不幸せを見事にまとう、「誰も僕の幸せを願ってないんだなと(笑)」

 いつの間にか“定番化”した窪田の不幸属性だが、本人にも自覚があるようで、今回の『ヒモメン』のドラマ開始に際しては、「これまで幸薄い役が多かったので(笑)、そういう意味では今回すごく幸せな役をいただいたなと思っています」とコメント。その他、映画『東京喰種』では「そういう(不幸な)役が続いている時期なのかなと思います。でも同時に、ひとつの型にハマらず、イメージを崩したいという気持ちもあって」、ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)でも、「誰も僕の幸せを願ってないんだなと(笑)。幸せになる役は、僕は似合わないんだなってすごく思いました」と話しており、まさに窪田は自他ともに認める“不幸属性”の持ち主だとも言えるだろう。

 過去の出演作を振り返ると、バリエーションに富んだ役柄を演じている。全国的に認知度を高めた『花子とアン』(NHK総合)では、ヒロイン・花子の幼馴染。子供の頃から花子を思い続けているのだが、本人にはまったく気づかれず、他の男との結婚を祝福するという切ない役だった。

 ベストセラー小説を野島伸司脚本によりドラマ化した『アルジャーノンに花束を』(TBS系)では、頭はいいがどこか投げやりな性格で、詐欺罪で逮捕歴のある青年。湊かなえ原作のドラマ『Nのために』(TBS系)では高校生から32歳までを演じきった。島一番の料亭の一人息子・成瀬は、高校時代に店が経営不振に陥り、何者かの放火により家ごと焼失してしまう。主人公・希未(榮倉奈々)に思いを寄せながら、自らある罪を共有する役どころを熱演し、「Nロス」「成瀬ロス」との声も上がった。

 物静かで控えめな佇まいは、窪田にしか醸し出せない雰囲気。それが演技力と相まって、ストーリーをより引き立てる。

バラエティーで見せるギャップ 演技とは対極の“かわいらしさ”

 不幸役が板についてる窪田だが、プライベートでは実家で4匹の猫を飼うという大の猫好き。同じく猫好きのチュートリアル・徳井義実とドラマで共演した際、猫トークが止まらなかったというエピソードもある。以前『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に出演した時には、猫の「ふみふみ」(毛布などの柔らかいものを前足で押す動作)を「美しくないですか?」と真顔で語るなど、猫への溺愛っぷりを披露した。

 バラエティー番組で見せる、シャイで天然な姿も度々話題に上がる。動物と無邪気に戯れる窪田に対し「なんてかわいいんだ」とノックアウトされる視聴者が続出し、SNSで「窪田くん」というワードがトレンド入りするほどの反響もある。

 このギャップも彼の持つキャラクターであり、胸が締め付けられるほど切ない役や演技をより際立たせる魅力のひとつなのだろう。

ファンの思いが届くか? 夏ドラマ“ヒモ男”でついに幸せを掴む!?

 そして、始まる新ドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系)。4月期に一大ブームを巻き起こした『おっさんずラブ』と同じ“土曜ナイトドラマ”枠での放送であり、注目される作品だ。鴻池剛氏の漫画『ヒモメン〜ヒモ更生プログラム〜』(MFコミックス フラッパーシリーズ/KADOKAWA)が原作であり、窪田は実家を追い出された主人公・翔ちゃんこと碑文谷翔を演じる。翔ちゃんは、“楽を生きたい”をモットーに、働かないことに全力を尽くす“ヒモ男”。彼女の春日ゆり子(川口春奈)と同棲をしながら、自分のヒモ生活を死守するために危機に立ち向かう、ニューヒーロー(!?)という役どころだ。

 同作の記者発表会では、スウェットの短パンにグレーのスウェットの上下、まさに“THE ヒモ”といった感じの貧乏くさい衣装で登場。悲しい過去や運命もサイコパスな要素もない、まさに「楽に生きる」ために「絶対働かない」という信念を持った、“100%のクズ男”に見えた。
★まさに“ヒモ男”記者発表会でスウェット姿の窪田正孝

 珍しく、無職でずっと家にいるのに家事もできないが、彼女が落ち込んだときにはキュンとする優しい言葉をかけるという役柄。心からの笑顔を見せる翔ちゃんに、「窪田くんのいろんな表情が見られて幸せ」「ついに“薄幸俳優”窪田正孝に幸せが舞い降りる?」と、SNSではすでに歓喜のコメントが。窪田の表情に一喜一憂せず、久しぶりに安心して見ることができそうな『ヒモメン』。窪田自身にとっても新境地を開拓するドラマになるかもしれない。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!