• ホーム
  • 趣味
  • にーな’sりさーち Vol.3 『梟書茶房』で思いがけない本との出会い

にーな’sりさーち Vol.3 『梟書茶房』で思いがけない本との出会い

 梅雨もあっという間にあけて夏本番!外でアクティブに過ごすのもいいけど、たまには、ゆっくりカフェでもしながら、読書なんて休日もいいかも!物語の世界にハマって現実逃避?そこで、逸品の珈琲と普段では読めないような新たな本との出会いを楽しめるカフェがあると聞いて、東京・池袋にある『梟書茶房』(ふくろう・しょさぼう)にモデル・伊藤ニーナがリサーチしてきました! 
  • 陽光差し込む窓際の席で様々な雑誌・書籍を楽しめる

    陽光差し込む窓際の席で様々な雑誌・書籍を楽しめる

  • 落ち着いた雰囲気の入口

    落ち着いた雰囲気の入口

  • 本格サイフォン式で珈琲を楽しめる

    本格サイフォン式で珈琲を楽しめる

書店と珈琲ショップがミックスされた最高の空間!

 『梟書茶房』入口の “ふくろう文庫”と題されたエリアには「かもめブックス」代表の柳下氏が独自に選んだジャンルを跨いだオススメの本、約2,000冊が置かれている。店名の『梟書茶房』にちなんで本を“袋とじ”!外から本をラッピングして、購入するまで、中が見られない“袋とじ”された状態で陳列されている。

  • ”袋とじ”された状態で陳列された書籍

    ”袋とじ”された状態で陳列された書籍

 “シークレットブック”としてタイトルも内容も分からず、その中身を知る唯一の手がかりは、表面に貼られた“推薦文”。装丁も題名も隠された状況なので、その“推薦文”を頼りに、自分のインスピレーションに「ビッ」とくるものをひたすら探し続けていくニーナ。読みたくなる本は見つけられるのか!?
  • 図書会みたいな空間で本探しを楽しめる

    図書会みたいな空間で本探しを楽しめる

  • 表の”推薦文”を読み漁っていくニーナ

    表の”推薦文”を読み漁っていくニーナ

 「あんまり本は読まない」とつぶやくニーナだが、店内の雰囲気に「むちゃくちゃ落ち着く。ハリー・ポッターの世界みたい」と感激。そして、“変な本が読みたい”と次々に手掛かりの推薦文を読み漁っていく。“推薦文”には5段階で示された「読みやすさ」、「誰かにあげたくなる」、「役に立つ」のレベルもチェックして、入念に本を選ぶが…「漢字が読めなーい!」と叫ぶニーナ。
  • 入念に本を選ぶが…

    入念に本を選ぶが…

  • 漢字が読めなーいと叫ぶニーナ

    漢字が読めなーいと叫ぶニーナ

本の表紙に書かれた“推薦文”が秀逸!『惚れた少女に操を立て…』一体、どんな本なの!?

 ニーナが手にした短編小説っぽい一冊。そこには、「惚れた少女に操を立て、ひたすら想う。会いたくて、会いたくて(中略)彼女が乗っているであろう電車に乗ってみる」という推薦文。思わず「電車男?」と言いながら、まずはキープ。

ニーナが選んだ一冊!”推薦文”の内容が!

ニーナが選んだ一冊!”推薦文”の内容が!

 さらにもう一つ、百科事典のように分厚いが短編集で「シャーロックホームズのライバル。ミステリー好きには必読の書です」の文言にも惹かれるニーナ。「ライバルってルパン?」(正しくはモリアーティ教授<笑>)と呟きながら、「おすすめ度合い」がレベル5だった短編小説であろう前者をチョイスした。

もう一冊のニーナが選んだ候補作。どっちにしようかな…

もう一冊のニーナが選んだ候補作。どっちにしようかな…

お気に入りの本を選んだら、ドリンクとスイーツを頼んで、お気に入りの席へ!!

  • Bookシフォン プレーン&ストロベリー ¥756(税込)

    Bookシフォン プレーン&ストロベリー ¥756(税込)

  • アイスフルーツコーヒー ¥864(税込)

    アイスフルーツコーヒー ¥864(税込)

  • 席について、いよいよ本との出会い…

    席について、いよいよ本との出会い…

 お気に入りの本を片手に、ドリンクとスイーツをオーダー。テーブルについたら、“袋とじ”をオープン!「知っている本だったらどうしよう?」
 
 出てきたのは、とある文豪の出世作。意外な作品に驚きながらも、ニーナは「よし! これを読もう!」と読破を決心。紹介文にあったようなドラマティックなストーリーを読みふけり、そのうち、自分のインスタにでも読書感想文が書かれるかも!?

 ちなみに、今回、ニーナが選んだ本は、、、ヒミツです!あなたが実際に『梟書茶房』に行ってみて、ドキドキする本との出会いを楽しんでみてください!

ニーナが選んだ本は!?皆さんも実際に足を運んで、選んでみてね!

ニーナが選んだ本は!?皆さんも実際に足を運んで、選んでみてね!

 ”袋とじ”の本だけを購入しにくることもできるので、誰かのプレゼントとして選んでみるのも楽しいかも!”袋とじ”を開ける時のワクワク感を共有してみてね!

その他にも、店内は様々なエリアに分かれた“ゾーン”があり、その日の気分で座る場所を変えれば何度でも楽しめちゃう!

  • 普段お目にかからないような書籍がズラリ!

    普段お目にかからないような書籍がズラリ!

 店内は、“袋とじ”されたシークレットブックが販売されているエリアと、それ以外にも、ゆったりとした空間で珈琲と食事を楽しめる「ラウンジ」ゾーン。かもめブックス柳下氏がセレクトした約1000冊の書籍を自由に閲覧できる「図書エリア」。学校の図書館をイメージした、ひとりで本と向き合える「アカデミックエリア」。テラスから気持ちのいい陽が差し込む「森の部屋」など様々なエリアが存在している。

 座る場所、読みたい本など、その日の気分に合わせて、チョイスできるので、何度行っても、毎回違う楽しみ方ができちゃう。

 あまり他所の書店にないような洋書や珍しい図鑑に興味津々なニーナ!『自然が作る不思議なパターン』という図鑑を熱心にめくっていった。「宇宙が好き!天体観測したい!」と意外な!?一面を告白!

落ち着いた雰囲気の中、お気に入りの図鑑を見つけたニーナ

落ち着いた雰囲気の中、お気に入りの図鑑を見つけたニーナ

 普段、本を読まないと公言しているニーナだが、思いがけない本との出会いに読書魂が熱くなってきている様子。ひとりで来ても楽しいし、友達、カップルと来るのも楽しいかも。アクティブなお休みもいいけど、大人なゆったりまったり休日を過ごせる『梟書茶房』にプライベートでまた行こうと決心したニーナでした。

珈琲と書籍を楽しめるセットメニューも!

  • 本と珈琲のセット ¥1620(税込)

    本と珈琲のセット ¥1620(税込)

 『梟書茶房』には、数量限定の【本と珈琲のセット】というシークレットメニューもあります。
テーマに合わせて選書したシークレットブックとその本のイメージに合わせたオリジナルブレンドの珈琲を一緒に楽しめるセットです。

店舗情報

本と珈琲【梟書茶房】
東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola(エソラ)池袋 4F
(東京メトロ有楽町線「池袋」駅直結)
営業時間 10:30〜22:00(L.O. 21:30)
https://www.doutor.co.jp/fukuro/

にーな’sリポート

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!