• ホーム
  • 芸能
  • もしもテレビがイケメン彼氏だったら…「黒物家電系むずキュンラブコメディ」ムービー公開

もしもテレビがイケメン彼氏だったら…「黒物家電系むずキュンラブコメディ」ムービー公開

 三菱電機の液晶テレビ『REAL』のWEBムービー『ガチでREALに恋をした』が公開された。テレビがイケメン男子として登場し、冴えないOLとの恋模様(!?)をテレビドラマの予告編仕立てで紹介する、ユニークな動画になっている。
 動画は、「夢なし、趣味なし、彼氏なしで、漆黒の闇を爆走中」という冴えないOLの永野晴子(26歳)に、ガラポンの景品で三菱電機の液晶テレビ『REAL』が当選するところから始まる。

 架空の第1話の予告では、「テレビとか見ね〜、リアルにお荷物…」とつぶやく晴子だったが、帰宅すると『REAL』が擬人化され黒物家電らしく黒いスーツに身を包んだイケメンが突如登場。「ブルーレイで映画も見られますよ!」とのアピールに、晴子は戸惑いつつもスプラッターホラー映画を楽しみ、「(ホラー映画もテレビも)やっぱ“ないぞう”だよなー」とまんざらでもない様子。

(第二話予告)
 すっかり暮らしになじんだナゾの男はまるで晴子の“彼氏”のよう。晴子の女子会で“裏の顔”がある彼氏の浮気グセの話題になると、テレビ裏の配線を思い浮かべながら…「ウチは裏側もスッキリだよ」と笑顔で彼氏の存在をほのめかす晴子。しかし、晴子の同僚のカスミが…実はナゾの男の“過去の女”だったことが判明!

 『REAL』の録画機能で複数の番組を“同時キープ”するかのように、次々と現れる“過去の女たち”。さらに“画面オートターン機能”さながら、女性みんなに向き合っていい顔をするナゾの男の姿に晴子はパニック! もう信じられないと思うけれど…「僕は晴子さんのそばにいます」と“前面スピーカー”のイイ声で囁かれ、信じる晴子なのであった。

(最終話予告)
 物語は急展開! ヨリが戻った2人のように見えたが、突如姿を消したナゾの男。やはり“過去の女”と同じくほかの人のところに行ってしまったのだろうか。ナゾの男との楽しかった日々、そして手に入れた“本当に必要なもの”に想いを馳せる晴子。果たして晴子の恋(!?)の行方は…。

 『REAL』の特長を恋愛のイザコザに例えて、ドラマ仕立てに「テレビのある生活」の楽しさをユニークに表現した本ムービー。冴えないOLだった晴子がナゾの男との生活で、別人のように洗練されていくファッションなど、細かな設定のこだわりも見どころだ。本動画は特設サイトやYouTubeでもチェックできる。

『ガチでREALに恋をした』
→オフィシャルサイトはこちら!

Sponsored by 三菱電機

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!