• ホーム
  • 映画
  • 山崎賢人インタビュー『難しさを学んで 楽しんだ1年間 慣れないのは…』

山崎賢人インタビュー『難しさを学んで 楽しんだ1年間 慣れないのは…』

NHK朝ドラ『まれ』、ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)と話題作に同時に出演。12月公開の『orange-オレンジ-』の撮影もスタート。その先も出演映画2作の撮影が控えるなど、今もっとも多忙な若手俳優・山崎賢人が、壁ドンブレイクからの1年を振り返りながら、最新作『ヒロイン失格』と今の俳優業への想いを語ってくれた。

休みの日が待ち遠しかった(笑)

──今年はNHK連続テレビ小説『まれ』、人気コミック原作のドラマ『デスノート』に出演。今まで以上に注目を浴びていると思いますが、忙しさも今までにない感じですか?
山崎そうですね(苦笑)。『まれ』と『デスノート』の撮影がガッツリかぶっているときは、たしかに大変でしたが「今、やるしかない! 今、がんばるしかない!」と目の前の仕事に向きあっていました。でも、休みの日は待ち遠しかったです(笑)。

──でも、やり甲斐はありましたよね?
山崎はい。『まれ』では1年を通してひとつの役を演じる難しさを知りましたし、長い期間演じるからこそわかる演技のおもしろさがありました。『デスノート』に関しては、原作コミックがものすごい人気で、過去に映画化もされているなかでの挑戦。役柄や作品へのいろいろな想いもプレッシャーもありましたが、成長できたと思います。
──そして、新作映画『ヒロイン失格』は『L・DK』での経験を活かせるようなラブコメディでしたね。
山崎現場、すごく楽しかったんです。英(勉)監督がものすごく楽しい人で。

──どんなふうに?
山崎桐谷(美玲)さんが演技で変顔しているのを見て大爆笑していたり、とにかく俳優の演技を喜んでくれる。たとえば、はとり(桐谷)が利太(山崎)にガンガン話しかけているのに、利太がそっけない態度で返す──という芝居をつけているときとか、監督自身が楽しんでいるとこっちも楽しくなってきて。そういう雰囲気からも、この映画は絶対おもしろいものになるだろうなと思っていました。
──実際、とてもおもしろかったです! 今回、山崎さんが演じる利太はクールな高校生。利太をどう演じようと思ったのでしょう?
山崎『L・DK』の柊聖はわかりやすい王子様キャラでしたが、利太に対して感じたヒーロー像はそれとは少し違って。わかりやすくなくてもいい、カッコ良くなくてもいい、でも何だかんだ言ってもはとりにとってはヒーローなんだと感じてもらえるようにしたいと思いました。

──その“なんだかんだ”を詳しく説明すると?
山崎そうですね……(笑)、はとりは弘光(坂口健太郎)に揺れるし、利太のことを忘れようとするけど、それでも忘れられなくて、そばにいると安心して、一緒にいると居心地がいいというか。そういう“なんだかんだ”があって、はとりにとっては利太がヒーローなんだろうなと。

一生懸命な子っていいですね

──でも利太自身は、自分にとってはとりが“なんだかんだ”言ってもヒロインだとなかなか気づけずに、安達さんとつき合っちゃったりするわけじゃないですか。
山崎はい……(苦笑)。原作だともっといろいろな子とつき合っていて──お母さんとの悲しい出来事があって、人をちゃんと愛せなくて、その心の隙間を埋めるためにつき合う。今回の映画はそこが少し違う設定になっていますが、利太にとってはとりが幼なじみで、大切な存在で、でもはとりへの気持ちが「好き」であることに気づけていないというのは同じ。で、弘光の登場によって嫉妬して初めて気づくという。

──観ている方はとってもヤキモキ、ドキドキさせられました(笑)。
山崎ですよね(笑)。
──山崎さんから見たはとりの魅力も聞かせてください。
山崎ふつうは表に出さないような顔をぜんぶ出しちゃっているキャラクターですよね。それって誰もが(出さないにしても)持っている感情だと思うんです。はとりほどじゃないけど、何でも言っちゃう子とかいますからね。ちょっとウザいと思うこともたまにあるけど(笑)、裏表がなくて気持ちがいいです。あと、一生懸命な子っていいですね。

──ほんと、はとりは一生懸命ですよね。一生懸命でキュンとしたシーンはどこですか?
山崎僕自身は出ていないシーンなんですけど、はとりが利太のジャージとか想い出のアルバムとかをわざわざ持って来て安達さんに見せびらかしているシーンとかは、がんばっちゃっている感がものすごく出ていて可愛かった。あと、利太に会いたいのに我慢しているのも可愛いです。

──乙女でしたね。そんなはとりを演じている桐谷さんは現場でどんな感じだったんですか?
山崎現場でずっとはとりというわけではなくて、撮影前にスイッチが入ると自然とはとりになっていました。スイッチがオフの時はゆる〜い感じの美玲ちゃんでしたね(笑)。はとりを演じるために、相当、変顔を研究していたみたいで、役への愛を感じました。

あえて3回やるところが狙っている(笑)

──利太の可愛いところは?
山崎ボウリング場で弘光に嫉妬するところとか、ですね。

──弘光役の坂口健太郎さんとの共演、想い出に残っているエピソードはありますか?
山崎弘光が壁ドンをするシーンがあって、坂口くんに「壁ドンのアドバイスくれよ!」って言われて。「どんな壁か、どんなシチュエーションかで壁ドンの仕方も変わってくるんだよ!」ってかわしちゃったんですけど、坂口くんの場合は三連発で(笑)。
──すごい三連発でした。壁ドンの火付け役である山崎さんの前ですごいなぁと(笑)。
山崎(笑)昨年流行ってある程度ブームは落ち着いたのに、それをあえて3回やるっていうのがおもしろい。狙っていますよね(笑)。

──ドキッとする反面、クスッとなっちゃいました。そんな壁ドンありのこのラブコメで、山崎さんが俳優として得たものって何ですか?
山崎楽しむこと、ですね。芝居も現場も楽しんで作品を作っていました。この映画のヒロインって、ある意味邪道なところがあるじゃないですか。それが新鮮でおもしろかったです。邪道も逆手にとるとこんなにもおもしろいんだなって。

──本当に楽しい現場だったんですね。『ヒロイン失格』ではクールな高校生、『まれ』では父親役にも挑戦、『デスノート』では世界一の探偵L、改めてふり返ると、ものすごく幅広い役に挑戦していますね。
山崎そうですね。俳優として人が人を演じるって、おもしろいけどすごく難しいって感じた1年で、いろいろ学ばせてもらいました。ただ、いまだに慣れないのはプロモーションの番宣(笑)。何を話していいのかあたふたしちゃって、気づくと「……」っていう雰囲気を作っちゃう。でも、『ヒロイン失格』は監督がムードメーカーなので、監督がいると楽しく話せます。楽しむことを教えてもらいました。
文:新谷里映/撮り下ろし写真:逢坂 聡
ヘアメイク:高橋幸一/スタイリスト:伊藤省吾

ヒロイン失格

 松崎はとり(桐谷美玲)は、幼なじみの寺坂利太(山崎賢人)に恋する高校生。絶対的な自信を持って自分が彼の“ヒロイン”だと思い込んでいる。そんななか、クラスのなかでも六角精児似のイケてない安達未帆(我妻三輪子)に告白された利太が付き合い始めるというまさかの展開。「え、あたしヒロインじゃないの?」ーー。利太との関係に悶絶するなか、学校イチのモテ男・弘光廣祐(坂口健太郎)がはとりに興味を持ち始め……。

監督:英勉
出演:桐谷美玲 山崎賢人 坂口健太郎 福田彩乃 我妻三輪子 高橋メアリージュン
2015年9月19日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー
(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会(C)幸田もも子/集英社
【公式サイト】(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!