ドラマ&映画 カテゴリ

平祐奈インタビュー『高校生になって怖さが薄れた!?』

姉でもあり、先輩でもあり、一番身近な友だち

――お姉さんの愛梨さんもホラー映画『呪怨−ザ・ファイナル−』に主演しますね。愛梨さんのツイッターで、予告編を観て「妹がキャー!! と3回言ってた」と書かれてました。
お姉ちゃんも怖がりだから、「台本が読めないよ〜」と言ってました。バラエティの現場から帰ってくると2時間ぐらい語るのに、『呪怨』を撮っている間は疲れ切った顔で帰ってきて、「怖すぎて……」と話していました(笑)。

――本当に姉妹仲が良いみたいですが、14歳上のお姉さんって、どんな感覚ですか?
一番身近な友だちみたいな感じです。姉でもあり、女優としての先輩でもあって、演技のアドバイスももらいます。

――『青鬼』でも何かアドバイスを?
今回は、お姉ちゃんも怖がっちゃって(笑)。でも、ヒロインということで台本の1ページ目に私の名前が出ていて、「良かったね」と写真を撮っていました。ほかの作品ですけど、私は泣く演技が苦手で、鏡を見て泣くシーンの前に「どうすればいいの?」とメールしたら、「鏡に映った自分を見て泣くんじゃなくて、辛い過去を思い出したんじゃない?」と長文で返ってきて。本番では、辛い出来事を想像して泣けました。
――そういうお姉さんがいると心強いですよね。学びたいこともありますか?
この前、お姉ちゃんがサスペンスで犯人役を演じたとき、気絶するシーンで白目になっていたんです。ビデオを止めて「ここ、すごくない?」と言ったら、「白目になってる!」と自分でも驚いていて。お姉ちゃんは役になり切っちゃうんです。家で台本を読んでいるときも涙を流しているし、自分のシーンを観てももらい泣きするぐらいだから。いつも勉強になっています。

――祐奈さんは今後も女優を中心に活動していこうと?
はい。映画にたくさん出たいです。お客さんに「おもしろそう」って劇場に足を運んでいただきたくて、そういうふうに思ってもらえる作品にどんどん挑戦したいです。

寅年の同年代女優と一緒に叫びたい!?

――同世代でライバルだと思っている女優さんもいますか?
ライバルとは思っていなくて、同じ寅年の方が今多いので、一緒に「ガオーッ!」と叫びながら走っていきたいです。叫んでくれないかな(笑)?

――仕事以外で興味を惹かれることはあります?
カメラです。去年の誕生日にお姉ちゃんに一眼レフをプレゼントしてもらって、ISO感度とか勉強しながら、いろいろなものを撮っています。好きなお空とか、撮影で行った海とか、今は京都に行っているので竹とか山の風景も。あと、お寺めぐりもしていて、御朱印集めもマイブームです。

――女子高生にしては渋いですね(笑)。
前からお寺や神社は大好きで。御朱印集めは、明治神宮に行ったときに大安だったから「ちょうどいいかも」と始めて、善光寺のお参りにも行きました。
――祐奈さんはブログとか見ても、毎日楽しそうですね。
ホントですか? 楽しいことは毎日いっぱいあります。とくに、学校でみんなとワイワイ話しているときと、ごはんを食べているとき(笑)。

――どんなものを食べているときが?
白ごはん! 白米が大好きです。ごはんと梅干しがあれば満足できます(笑)。東京の方って、焼肉に行くと白ごはんを食べませんよね。私は関西育ちで、お肉には必ずごはんなんですけど、東京だと頼み辛くて。京都で焼肉に行くと、「ごはん食べんの?」と言ってくれて頼めるから、最高です(笑)!

――『青鬼ver.2.0』が公開になる夏は、どう過ごしたいですか?
『青鬼』は私も映画館で観たいです。ホラーが苦手な方も、ゲーム感覚でキャーキャー言いながら楽しめると思うので。あと、スイカ割りをしたい(笑)。毎年、千葉の祖母の別荘でやるので、今年も行けたらいいなー。でも、私はいつもスイカに当たらなくて。お父さんかお兄ちゃんが割って、私は岩とかを叩いて手が痛くなるんです(笑)。
(文:斉藤貴志/撮り下ろし写真:逢坂 聡)

青鬼 ver.2.

 ひろし(中川大志)と杏奈(平祐奈)は不登校になっているクラスメイトのシュン(タモト清嵐)の様子を見るためにシュンの家へと向かった。しかし道中、奇妙な模様をした蝶に誘われ怪物が現われると噂される屋敷“ジェイルハウス”へと引きずり込まれてしまう。嫌な予感を覚えて脱出を試みるも出入り口が塞がれ、一同の先には、この世のものとは思えぬブルーベリー色の巨人が忍び寄っていた……。

監督:前川英章
出演:中川大志 平祐奈 松島庄汰 久松郁実 勧修寺玲旺
2015年7月4日(土)全国ロードショー
(C)2015 noprops・黒田研二/「青鬼 ver.2.0」製作委員会
【予告編】【公式サイト】(外部サイト)
前へ
  • 1
  • 2

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索