• ホーム
  • 映画
  • 古川雄輝インタビュー『女性の心を読むのは難しい…』

古川雄輝インタビュー『女性の心を読むのは難しい…』

日本だけでなく中国などアジア圏でも人気爆発中の若手俳優・古川雄輝。同年代の俳優の躍進が目覚ましいシーンのなかでも、人気と実力を兼ね備えた古川は特異な立ち位置からいままさに周囲を圧倒する輝きを放っている。そんな古川が、人気少女漫画を実写化する映画『脳内ポイズンベリー』で演じたキャラクターと自身を比較しながら、俳優という道を選んだ理由とふだんの素顔を語ってくれた。

<<動画>> 役者の道を選んだ理由とは…!?

中国語は勉強中…挑戦していきたい

──日本だけでなくアジアでの人気もすごいですが、新作『脳内ポイズンベリー』の早乙女役で、さらに女性ファン増えそうですね。
古川そうだと嬉しいですね。中国のファンとの主なコミュニケーションツールはウェイボー(weibo)というツイッターのようなSNSなんですが、そのウェイボーのフォロワーが今145万人いるんです。そういう経緯もあって最近は中国でお仕事させてもらったり、日中合作のドラマに主演したりしています。

──すごいですね! ということは、古川さんは帰国子女で英語が堪能なうえに中国語も話せちゃうんですか?
古川英語はしゃべれますが中国語は勉強中です。中国でドラマを撮ったときはセリフが英語と中国語だったんですけど、中国語はものすごく発音が難しくて……。でも挑戦はしていきたいですね。
──そんなアジア進出のきっかけはドラマ『イタズラなKiss〜Love in TOKYO』シリーズ。反響のすごさを知っているからこその今回のプレッシャーはあったんでしょうか?
古川あまり意識しないようにはしています。アジア圏でもおそらくこの映画は上映されると思うので、『イタキス』とは違う一面を観てもらえることは嬉しいですね。

──確かに今までとかなり違うキャラでした。そもそも少女漫画への抵抗は?
古川姉が持っていた少女漫画を読んでいたし、俳優としても『イタキス』をはじめ少女漫画原作の作品が多かったりするので、抵抗はないです。ただ、そのなかでも『脳内ポイズンベリー』はすごく斬新。ふつうの少女漫画とはちょっと違うなと思いました。イケメン王子が出てきて、どっちの王子にするのか悩む……みたいなストーリーではなく、越智さんも早乙女も、出てくる男性は決して王子様のようなキャラクターじゃない。ヒロインのいちこさんにしてもポジティブな部分とネガティブな部分の両方があって、その感情が脳内で描かれているのがおもしろくて。自分が読んでおもしろいと思ったコミックのキャラクターを演じることができる嬉しさもありました。

理解するのが難しかった女性に対する感覚…

──早乙女というキャラクター、どうやって自分のものにしていったんでしょうか?
古川僕はできるだけ原作のキャラクターに近づけて演じたいタイプなんです。なので、原作をしっかり読み込んで、このセリフを言っているときの早乙女はどんな気持ちなんだろう? 早乙女の歩き方や座り方はどうだろう? とか、仕草ひとつであっても取り入れたいと思っています。そうやって役を作っていきました。あと、早乙女に関しては自分自身と似ているところもあるんですよね。

──たとえば、どんなところですか?
古川子どもっぽいとか、野菜が嫌いとか(苦笑)、そういうところは活かしています。また、今回は現実パートでの出演だったので、原作を取り入れつつも自然体でというのは意識しました。
──野菜を除けて食事をするシーンは、古川さん自身でもあるんですね(笑)。一方、自分にない要素については、どうやって近づけていったんですか?
古川早乙女を演じるにあたって一番難しかったのは、何を考えているのか分からない部分が多くて、それは漫画を読んでも台本を読んでも分からない。佐藤監督に聞いて、相談して、監督の指示に従って作っていきました。

──具体的にどのシーンでしょう?
古川元カノに会うシーンがあるんですけど、ふつう、今カノと一緒にいるところに元カノが表れたら相当焦ると思うんです。なので僕は“真剣に焦る”という芝居をしたんですけど、監督は早乙女はその状況を悪くないと思っていて、「このひとは元カノだよ、このひとは今カノだよ」って普通に言えてしまう感覚なんだと。それを理解するのは難しくて……。

──でも、新鮮でおもしろかった?
古川ですね。これまで演じてきた完璧なキャラクターは、完璧なりの難しさがある。何でもかんでも完璧に見せなくてはならない難しさがあるんですが、こっちはこっちで、わざとダメな部分を出すのではなく、考えてはいるんだけど考えていなさそうに見せなくてはならなくて。そういう演技は細かい動作で表現できるということを知りました。あくびをする、目をこする、枕を抱えるとか、完璧なキャラクターがやらなさそうな動きを加えることで、早乙女風になれるんです(笑)。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!