• ホーム
  • 映画
  • 松坂桃李インタビュー『あの瞬間、あの場所だから生み出すことができた』

松坂桃李インタビュー『あの瞬間、あの場所だから生み出すことができた』

日本の音楽映画に新風を巻き起こす、映画『マエストロ!』が1月31日から公開。本作を皮切りに『エイプリルフールズ』『日本のいちばん長い夏』『ピース オブ ケイク』など話題の出演作が目白押し! 俳優・松坂桃李の2015年がいよいよスタート☆

<<動画インタビュー>> 優しい父へ抱いていた思いとは…

素の気持ちをぶつけていた部分も(笑)

――今回、主人公・天才ヴァイオリニストの香坂真一を演じるにあたり、ヴァイオリンのレッスンから始められたそうですね?
松坂 撮影が始まる約1年くらい前から、ヴァイオリンの練習をする機会をいただきました。ヴァイオリンを目にするたび、触れるたび、音を奏でるたびに『マエストロ!』について、また香坂のことを考える時間がたくさんありました。そのなかで、彼の持つ音楽性、例えばヴァイオリンに求める高いハードルのようなものが、僕自身が練習中に感じた歯がゆさと通ずるところもあって。そういう意味では、撮影までの時間が何よりの役作りになったというのか、無理して役を作ることなく、すんなりと現場に入っていけました。

――個性的な音楽家たちが集まる名門交響楽団で、楽団のコンサートマスターに抜擢される真一。前半の、若き音楽家らしい、ナイーブな表情が新鮮でした。
松坂 楽団員役のみなさんが、個性豊かな先輩方ばかりで、正直「こんな人たち、まとめられないよ!」って思っていたんです。みなさん、したたかだし(笑)。香坂というフィルターを通して、そんな素の気持ちをぶつけていた部分があったのかも(苦笑)。ただ脚本を読んだとき、もちろん音楽がメインになっているけれども、クラシック音楽についてほとんど知らなかった僕が読んでも、どこか親しみの湧くような、とても身近な距離感を(登場人物たちに)感じたんです。脚本から受けた感触や監督の言葉を身体に入れて、香坂真一という人物像を作り上げていきました。

――練習を重ね、少しずつ楽団員たちが心を通わせていくなか、圧巻はやはり西田敏行さん扮する謎の指揮者・天道徹三郎のもと、松坂さんをはじめオーケストラ・メンバーが挑む、クライマックスのコンサートシーンですね。
松坂 製作側の配慮で、コンサートシーンの撮影を終盤に設定してくださったんです。撮影中も、コンサートシーンに向けて、待ち時間があれば、セット脇でそれぞれ一生懸命に練習していました。(コンサートの)本番当日はみなさん、役者というよりは一音楽家として、天道率いるオーケストラチームとして、現場に入ることができたんじゃないかと思います。バラバラだった楽団員たちが、コンサート会場でついにひとつになれた……ある種、ドキュメンタリーに近い感覚で撮影に臨みました。演奏後の拍手も、実際に僕らの演奏を客席で聴いたお客さんが、銘々の感覚でリアクションしてくださったもの。その辺はあえて小林(聖太郎)監督も演出をされていなかったと思います。あのグルーヴ感は、まさにライブならではでしたね。

――たくさんのカメラが捉えた、ダイナミックなコンサートシーンの映像は、映画館をコンサート会場と見紛うほどの興奮と感動がありましたね!
松坂 監督がこだわり抜かれたシーンなんです。現場に入る半年以上も前、まだキャストが半分くらいしか決まっていない段階で、コンサートシーンだけはすでに画コンテが出来上がっていたんです。客席からラジコンヘリのカメラが飛び、クレーンあり、レールありと、これまでの音楽映画にはないカメラワークに、今までにない音楽映画を撮りたいという監督の情熱を感じました。僕たち演者からすると、ごまかしのきかないカット割でしたが(笑)、各々が監督の掲げる高いハードルを乗り越えて、なんとか監督の撮りたい画が撮れたのではないかなと思っています。

音楽を通して教えてもらったこと

――本作の指揮指導にあたられた、世界を股にかけるマエストロ・佐渡裕氏は、オケの魅力について「音の神殿に入っていく喜び」と表現しますが、松坂さんは本番の演奏でどんなことを体感しましたか?
松坂 どう表現したらいいんだろう。……必死で戦っているような心境でした。命がけというか、本当に必死だったので。天道さんが汗水流して振る指揮棒から放たれる、言葉にならないメッセージ。天道さんからぶつけられる強い気持ちに、屈してはならぬ! 演奏で応えねばならない!! と一生懸命でした。僕だけじゃなく、メンバー一人ひとりがその一心で演奏していたと思うし、そんな楽団員たちの眼差しを一身に浴びながら、天道さんも懸命に指揮棒を振り続けていました。非常に激しい音楽と指揮とのぶつかり合いでしたが、どこか美しさも感じて。……あの瞬間、あの場所で、あの人たちだけが生み出すことのできた、まさに一瞬の音楽。“天籟”の境地を少し味わえたように思います。

――音楽の豊かな表現と向き合ったことで、役者という表現のおもしろさに改めて気づいたことは?
松坂 改めて自分ひとりでは作れないものだと、音楽を通して教えてもらいました。初めて手にする楽器に触るところから始まったこの作品で、今まで培ってきた技術とは全く違うところから練習を積み、難易度の高い監督の要求に立ち向かっていくなかで、スタッフ、キャストそれぞれがお互いを必要として、ひとつの作品を作っていく大切さに気づきました。みんなの気持ちを作品がよせてくれたような、団結感の楽しさを学ばせてもらいました。

――黒田長政を演じた昨年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』に続き、本作でも偉大な父の影を追う役どころでした。父の背中については、どのような思いがありますか?
松坂 僕の場合は、親父との会話があまりないんですよね。そんななかでも、子どもの頃に父から言われた「挨拶を大事にしろ」とか「謙虚に人の世話になれ」という言葉の意味が、最近ようやくわかり始めて。時間差があってわかり合える瞬間みたいなものが、父と息子には意外とあったりするんだなって感じています。そういう意味で、父と息子の関係を描く作品への興味は強いのかもしれませんね。改めてもっとそういう作品に出たいなという思いもあります。俳優の仕事をする上で、父にはとても迷惑をかけましたし、今でもそういう面はあると思います。そのぶんも含めて返したいというのか、父に「おまえ、すごいな!」と言われたい思いもあって、この仕事をやっているところもあります。

――こんなにご活躍なのに、まだほめられたことはないんですか?
松坂 うちの父は優しいので(笑)。ほめてもらうこともありますが、本当の意味で「おまえ、すごいな!」っていう言葉はまだもらえていないと思うんです。これからも父や母に「やるな!」と言われるような作品に挑戦したいと思っています。
(文:石村加奈/撮り下ろし写真:鈴木一なり)

マエストロ!

 ヴァイオリニストの香坂(松坂桃李)のもとに、解散した名門オーケストラ再結成の話が舞い込む。しかし練習場は廃工場、集まってきたのは再就職先も決まらない“負け組”楽団員たちと、アマチュアフルート奏者のあまね(miwa)だけだった。不安が募るなか、そこに謎の指揮者・天道(西田敏行)が現れる。指揮棒の代わりに大工道具を振り回すし、自分勝手な進め方に楽団員たちは猛反発するが、次第に天道が導く音の深さに全員が引き込まれていく……。

監督:小林聖太郎
出演:松坂桃李 miwa 西田敏行 古館寛治 大石吾朗
2015年1月31日全国公開
(C)2015「マエストロ!」製作委員会 (C)さそうあきら/双葉社
公式サイト(外部サイト)】【予告編

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!