• ホーム
  • 映画
  • 高崎聖子×倉持由香×鈴木咲“グラドル映画宣伝部”が『トランセンデンス』を語りつくす☆

高崎聖子×倉持由香×鈴木咲“グラドル映画宣伝部”が『トランセンデンス』を語りつくす☆

人気グラビアアイドルで“グラドル映画宣伝部”としても活動している高崎聖子、倉持由香、鈴木咲。現在はジョニー・デップ主演のSF超大作『トランセンデンス』のブルーレイ&DVDをPR中。そんな3人のセクシーな(!?)宣伝部活動の実態、グラドルとしてのトランセンデンス(超越)ぶりに迫った。

映画宣伝部はおいしい仕事です(笑)

――もともと映画は好きなんですか?
倉持 大好きです! 昔はよくレーザーディスクで鑑賞していました。中学生の頃から、事務所に「1日1本観なさい」と言われていたので。演技の勉強も含めて、教養を広めるために。キューブリック監督の作品が好きで、映画のなかに出てくる建築物やインテリアにも影響を受けました。
高崎 私はもっちーみたいに詳しくはないけど、最新映画はいつもチェックしています。『トランセンデンス』みたいなSF映画も大好きだし、恋愛モノやコメディも好きで、家でたくさん観ています。
鈴木 私はアクション映画が好きです。私たちグラドル映画宣伝部3人でハリウッドの監督にインタビューさせていただくこともあって。おいしい仕事です(笑)。

――『トランセンデンス』主演のジョニー・デップはどう思いますか?
倉持 久々にコスプレや派手なメイクをしていないデップ様の素顔が見られた感じ。カッコイイですよね。男性はあれぐらいの年齢(51歳)が、一番渋みが出ていいんじゃないですか? あんなダンナさんが欲しい(笑)。
鈴木 私は枯れ専なので(笑)、40代からが好きなんですよ。
高崎 大人の余裕が魅力的です。この映画では、夫として完璧。
倉持 完璧すぎるところからズレていくのが、物語の核にもなっていて。
鈴木 生前の理想のダンナさんと、頭脳だけの存在になってからの演じ分けや表情の違いは、演技としてすごいなと思いました。
倉持 モニターに顔が映るだけになってからは仕草で表現できないから、表情や声のトーンだけで演じているんだよね? 無機質な感じも見せておいて、最後まで観た後に考えると、そこにも感情があったことがわかるという。
鈴木 DVDで何回も観直したいです。

――死を前に、妻が頭脳をコンピューターにインストールしたわけですが。
高崎 大切な人が目の前で死んじゃうなら、どうしても助けたいと、私も同じ選択をすると思います。知能だけになっても、そばにいてくれたら……。
倉持 人間の倫理観に問えば愛別離苦を受け入れて……と頭ではわかっても、実際そういう場面になって、ああいう手段があるなら、私もやってしまうかもしれません。
鈴木 でも、その後の苦悩もわかるから、映画を観た後だと、選んではいけない方法だったとも思うし。深く考えさせられる映画だと思います。

“超越”した3人それぞれのボディ!?

――皆さんはコンピューターは普通に駆使しているんですか?
倉持 テレホタイム(NTTの指定回線・定額料金メニュー)の頃から、ずっとネット中毒でした。
鈴木 テレホタイムって、普通もうわからないよ(笑)。
倉持 このなかだと、たかしょーが一番うといです。
高崎 何でも携帯で済ませちゃうので。
倉持 この前も「パソコンが壊れた。どうしよう?」ってLINEが来て、「何が起きた? 画面を写メで送れる?」って返したら、「水没した」と。だったら修理に持って行ってよ(笑)。
高崎 カフェオレをこぼしちゃいました。もっちーなら直せるかなと思って(笑)。
鈴木 私も説明書を読まないで、とりあえず人に聞くタイプ。
倉持 最近の説明書はブ厚いからね。
鈴木 難しい横文字が多すぎて、「私は日本人だからわからない」ってパタンと閉じて、もっちーに電話する(笑)。
高崎 マンガで“簡単にわかるパソコン”があればいいのに。
鈴木 恋愛要素も入れてくれると読みやすくなる(笑)。
倉持 でも、私も配線は難しくて。『トランセンデンス』を観ると、夫婦で人工知能を共同開発してて、妻もいろいろできるじゃないですか。リケジョはいいなーと憧れました。白衣を着て「ありまぁす」とか(笑)、ちょっとやりたくなりました。

――映画はコンピューターにインストールされた天才科学者が、人類を超越(トランセンデンス)した存在になる話ですが、皆さんが“超越”していることというと?
倉持 私の100?のお尻と、たかしょーのGカップのバストと……。
鈴木 私のまな板おっぱいAカップも超越した貧乳です(笑)。

――GカップやH100はグラドルとしては武器ですが、日常生活ではどうですか?
高崎 何も役に立っていません(笑)。うつぶせに寝られない、肩が凝る、第2ボタンが取れる、服が選べない。不便なことが多くて……。
鈴木 全部自慢にしか聞こえないので、後でシメます(笑)。
倉持 私も普段に関しては、イスが大変で、お手洗いもバキッと壊してしまったり(笑)。あと、電車でひとり分座れるところで、お尻が幅を取って入らなくて、気まずいときがあります(笑)。お尻は毎日お風呂上がりにマッサージして、普通は顔に張るパックをポンポンと。お尻が顔みたいなものなので(笑)。

志向がバラバラだけど3人で映画も…

――咲さんが『週刊プレイボーイ』の自画撮りコンテストでグランプリを獲ったテクも、超越しているのでは?
鈴木 自撮りは光を味方につけるんです。ライティングさえ良ければ、どんな顔にも撮れます。
倉持 何をやっても咲ちゃんは美人。私は昔から推してましたけど、ショートカットにして美形が際立つようになりました。この宣伝部でも、パッと見たら「可愛いコがいる」って入口になってくれて、「胸もいる」「尻もいる」となるので。3人のバランスがすごくいいなと思います。

――いずれは映画を宣伝するだけでなく、3人で映画に出演したいとか?
倉持 やってみたいですねー。本当に仲いいので。三姉妹ものをやりたいです。ラブも絡んで、ひとりの男性を取り合っちゃうとか。
高崎 やっぱり戦うやつじゃない?
鈴木 そしたら私、必然的にサバゲーの銃を持ってくるけど(笑)。
高崎 あと、魔女っ子をやりたい!
倉持 バラバラじゃないか(笑)! 楽屋で話していたのは、映画館で流れる「NO MORE映画泥棒」のパロディをやりたいと。水着であのビデオカメラをかぶって、お尻を見せたりするのを映画の前に流してもらう。顔を見たい人は検索してもらって。
鈴木 もっちーはそういうのを考えるのがうまいんです。すべてがプロデューサー目線。
倉持 おもしろいことをやりたいなって。

――とりあえず、今年の残りにやっておきたいこともありますか?
鈴木 録画したアニメが溜まっているので、全部観たいです。あと、アニメのDVD-BOXをamazonで買うのが最近の趣味なんですけど、それもぜんぜん観ていなくて。この前買った『フルメタル・パニック!』とか。いろいろ欲しくなって、どんどん買ってしまいます。
倉持 映画の名作と言われる古典作品は全部観ておきたいです。最近、土鍋を買ったので、3人で鍋会をしつつ、映画鑑賞をするとか。
高崎 将来、何かに役立つように、近所で受けられるレッスンを探しました。今習っているのがギター。あと、歌がすごくヘタなのでボーカルレッスンと、きれいな字が書けたらカッコイイから美文字の練習と、英会話を……。
倉持 すごい!
高崎 やりたいと思ってるんですけど、なかなか(笑)。
鈴木 なんだ。もうやっているのかと思った(笑)。
高崎 歌はいつかお仕事でやるかもしれないし。
倉持 3人でやりたいね。
高崎 そういう話もしているんですけど、今は音痴で役に立たないから、がんばって練習しておきます。
(文:斉藤貴志)

エスパー伊東が新ネタ披露!『トランセンデンス』イベント

トランセンデンス

インストールされた頭脳。それは世界に拡散し、全人類の脅威となった。

“彼”は私が愛した夫だった―。
 死すべき運命だった科学者ウィル。しかしその意識は、死の間際に妻エヴリンにとってスーパーコンピュータへとインストールされた。意識だけの存在になったウィルは、オンラインにつながる軍事機密、金融、政治から個人情報まで、世界中のあらゆる情報を手に入れ、究極的な進化を遂げる。
 そしてナノテクノロジーを駆使し、現実の世界にまで及んだ彼の力は、遂に生命までもコントロールし始めた。常人を遥かに超える力で増殖し、拡散し、支配するウィルに「彼は私の愛した人だったの?」と信じる心が揺らぎ始めるエヴリン。まるで神のごとき力を手にし、変わり果てた男に世界は恐怖を感じ、密かに抹殺計画が進行し始める。そしてエヴリンにも選択の時が……。

【Blu-ray & DVD (セル&レンタル)】
2014年12月2日発売
Blu-ray:各¥4,700(本体)+税
DVD-BOX:各¥3,800(本体)+税
出演:ジョニー・デップ モーガン・フリーマン ポール・ベタニー レベッカ・ホール ほか
【作品詳細】【公式サイト】(外部サイト)
(C)2014 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!