• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 小林武史「はみ出してみないと分からないこともある」

小林武史「はみ出してみないと分からないこともある」

前へ

『Reborn-Art Festival』とは

<音楽・アート・食の総合祭>
東北で初めて開催される「現代アート」「音楽」「食」の総合祭。過疎の地域と都市との循環、伝統と新しさの循環、生命力の循環、自然と人間の循環、そして“被災地”と“支援者”との循環。アートフェスを舞台に生まれる新しいつながりから、地域復興や振興につながるさまざまな循環を生み出すことが目的のお祭り。

アート作品が展示される石巻・牡鹿半島を中心としながらも、来場者導線でもある塩竃〜松島〜東松島〜石巻〜女川までを開催地とし、会期中は音楽や食のイベント、その地域に合わせたプロジェクトなどを企画する。


開催期間:2017年7月22日(土)〜9月10日(日)の51日間
会場:宮城県石巻市(牡鹿半島、市内中心部)、松島湾(塩竈市、東松島市、松島町)、女川町
<音楽>「Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes」

『音楽』のメインコンテンツとなるのが、7月28日(金)、29日(土)、30日(日)の三日間開催される「ap bank fes」。3日間で27アーティストが出演する大型音楽フェスだ。

7月28日(金)
Bank Band / エレファントカシマシ / Awesome City Club / 大森靖子 / KICK THE CAN CREW/ 水曜日のカンパネラ / スガ シカオ / 秦 基博 / back number / Mr.Children

7月29日(土)
Bank Band / ART-SCHOOL /ACIDMAN / きのこ帝国 / ゲスの極み乙女。 / TK(凛として時雨) / Chara / 藤巻亮太 / ぼくのりりっくのぼうよみ / Mr.Children / LOVE PSYCHEDELICO

7月30日(日)
Bank Band / 銀杏BOYZ / Salyu / 竹原ピストル / 七尾旅人 / NOKKO / ペトロールズ / Mr.Children / Mrs. GREEN APPLE / WANIMA
※五十音順(Bank Bandは除く)


また、この「Reborn-Art Festival」×「ap bank fes」来場者には、9月10日までの51日間アート作品を観覧できるリボーン・アートパスポートが付属する。
<アート>約40組の現代アーティストの作品が石巻周辺エリアに点在
<参加アーティスト>

宮永愛子 / ハスラー・アキラ / バリー・マッギー / ブルース・ナウマン / カールステン・ニコライ / カオス*ラウンジ / キュンチョメ / 草間彌生 / Chim↑Pom(チン↑ポム) / コンタクトゴンゾ / デビッド・ハモンズ / ファブリス・イベール / ギャレス・ムーア / 齋藤陽道 / Zakkubalan / さわひらき / インサイドアウト・プロジェクト / クー・ジュンガ / ヨーゼフ・ボイス / JR (ジェイ・アール)/ 有馬かおる / 名和晃平 / マーク・クイン / 岩井優 / 目 / ナムジュン・パイク / パルコキノシタ / 皆川明(min? perhonen) / ルドルフ・シュタイナー / 青木 陵子+伊藤 存 / 増田セバスチャン / 小林武史 × WOW × DAISY BALLOON / 増田拓史 (石巻在住作家) /島袋道浩 / SIDE CORE(サイドコア) / 八木隆行 / 宮島達男 / 金氏徹平 / 鈴木康広 / Yotta(ヨタ)

草間彌生 真夜中に咲く花 2010年

草間彌生 真夜中に咲く花 2010年

インサイドアウト・プロジェクト

インサイドアウト・プロジェクト

Kohei Nawa,White Deer(Oshika)

Kohei Nawa,White Deer(Oshika)

<食> 地元のお母さんによる郷土料理と、国内の有名シェフが日替わりで登場
レストラン「Reborn-Art DINING」をフェスのメインダイニングとして51日間オープン。週末を中心に、地方レストランの草分け的な存在のアルケッチァーノ・奥田政行、世界一のレストラン・ノマのレネシェフをはじめ、世界のトップシェフとの交流が深い生江史伸が率いる東京のミシュラン二つ星のフレンチレストラン・レフェルヴェソンス。アジアの50ベストレストランで2017年度最も急上昇したシェフの称号をうけ、世界から注目される東京のフロリレージュ川手寛康、和歌山からは優れた地方レストランシェフの顕彰制度・料理マスターズブロンズ賞を持つヴィラ・アイダの小林寛司やオテルドヨシノの手島純也…etc.

全国から多数の有名シェフがフェスティバル・フードディレクターの目黒の呼びかけで駆けつけ、日替わりでDININGのシェフを務める。
「Reborn-Art DINING」
営業時間:11:00〜17:00 16 :30 (ラストオーダー)期間中無休
10:00〜17:00 テイクアウト(ジビエサンドイッチやコーヒーなど)
11:00〜15:00 ランチ(L.O 14:30)
14:30〜17:00(L.O 16:30)カフェタイム

平日メニュー
コースメニュー2800 円〜(前菜盛り合わせ/スープ/パスタ/デザート/食後の飲み物)
+ 1,000円…メイン料理(魚または肉)
アラカルト料理(サラダ、前菜、パスタ、リゾット、肉、魚料理ほか、700〜1500円程度)

イベント時メニュー
週末を中心としたゲストシェフイベント開催日と、毎週月曜日の「みちのくDINING」はその日ごとにメニューが異なる。

<Reborn-Art DINING 2017 in 牡鹿ビレッジ 予約サイト>
http://rebornartdining.peatix.com


■「Reborn-Art DINING」主なスケジュール(一例)
7月22日(土)23日(日)
グランド・オープニング「サマー・ジビエ・テラス〜牡鹿の夏、いただきます。」
メツゲライクスダ・楠田裕彦(神戸)、ルシュクレクール・岩永歩(大阪)、エコファーム・アサノGOEN/イマフン・今村太一(千葉)、食猟師・小野寺望(石巻)
7月26日(水)、27日(木)メツゲライクスダ・楠田裕彦
7月28日(金)、29日(土)、30日(日)みちのくDINING 「東北シェフ大集合」
8月5日(土)「東北ワインフェスタ」Grape Republic x ファットリア・アルフィオレ
8月6日(日)アルケッチァーノ・奥田政行
8月11日(金)12日(土)Rich& Soil co.・原川慎一郎、ジェローム・ワーグ
8月17日(木)オテルドヨシノ・手島純也
8月19日(土)20日(日)ヴィラ・アイダ・小林寛司
8月22日(火)星のや東京・浜田統之
8月25日(金)26 日(土)レフェルヴェソンス・生江史伸ほか
9月3日(日)フロリレージュ・川手寛康
9月9日(土)・10日(日)グランド・フィナーレ「牡鹿の夏、ごちそうさまでした」

「はまさいさい」

「牡鹿半島の明るく元気な浜のお母さん達の、浜の営みを感じてもらえる食堂。」をコンセプトに、牡蠣の養殖でも有名な荻浜、牡鹿ビレッジ内に、地元のお母さんたちの笑顔あふれる食堂「はまさいさい」をオープン。浜のお母さんたちが牡鹿の食材を、気取らない郷土料理、家庭料理として提供する。

場所:牡鹿ビレッジ内
営業時間: 10:00〜18:00(L.O.17:30)期間中無休
定休日:期間中無休

メニュー
新鮮な魚介類や地元の野菜を使った定食、丼、カキーマカレーなど
価格:1,000円〜1,500円
席数:店内20席、屋外席もあり
『Reborn-Art Festival 2017』
オフィシャルサイト
http://www.reborn-art-fes.jp/
前へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!