• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

ファッショニスタ・干場義雅が伝授 大人の男の身だしなみ術

身だしなみのポイント1 「手先」「首から上」は“まる裸”だと思え

干場氏は、対人で大人の男が大切なのは「安心感」「心地良さ」だと語る。それを生むために一番気を付けなければならないのが「清潔感」だという。前述で干場氏が語るとおり、清潔感があるということは体が健康であるということと同義だ。健康を日々の積み重ねで獲得していくことを前提として、今回は具体的なポイントを紹介してくれた。

「清潔感で大切なのは『爪が綺麗』、『歯が綺麗』、『肌が綺麗』、『髪の毛にツヤがある』ここがすべてといってもいいくらい大事なポイントです。これは身体が健康であることが非常に大事ですが、つまり一番気を付けるのは、「手先」と「首から上」なんです。ここを女性は一番見てます。

言い方を変えると、手先と首は「まる裸」なんです。男の人だったら、一般サラリーマンではジャケットを着てシャツを着ていますが、「手と頭を“まるだし”で歩いている」と思ってください。そういうところをきれいにすると効果的です」

「頭・顔」は言わずもがなだが、「手」に注目されるシーンも意外と多い。

「頭・顔」は言わずもがなだが、「手」に注目されるシーンも意外と多い。

「特に爪と歯と無駄毛には特に気を付けています。これだけ髭が生えててムダ毛?と思う方がいるかもしれませんが(笑) 、脱毛や形を変えるようなことではありません。眉と眉の間に生えている邪魔な毛、まぶたに生えている邪魔な毛を抜くようにしています。ただし、眉毛の形を整えすぎているのはNG。やりすぎると気持ち悪いと言われてしまいますので要注意です。

美意識高い男性で爪をピカピカに塗っている人がいますよね。あれは女性からみたら気持ち悪いんです。あと、爪が長い男は絶対にモテません。女性は男の手を本当によく見ています。ましてや私はペンを使う仕事ですから、手先を使う仕事の男性は絶対に手先に気を配った方がいいと思います。モテ度が絶対に変わりますよ。

美容オタクの男って気持ち悪がられますから。美容に気を付けることは良いことですが、“いかに自然体に見せるか”というのがすごく大事なんです。いかにやってなさそうに見えてやっているかですね」

身だしなみのポイント2 服装について

STEP1
費用をかけずに整えるなんてうまい話はない。服装は多少の投資は必要

次は着る服装について伺った。そもそもオシャレに興味がない人、自分という素材をどういう風に自分を生かせばいいのか分からないという人は、何から始めたらいいのだろうか?

「まずはお金ですね。多少はお金をかけないと変わりません。お金も手間もかけないでかっこよく、キレイになるといううまい話はありません。最初はしょうがないです。そこ(身だしなみ)にお金をかけられるかですね。でも、ひとつひとつ良いものをそろえて行けばいいと思うんです」

「信頼できる洋服屋さんを見つけるとよいのではないでしょうか。ある程度はカッコよくなれると思います。30代、40代、50代みんなそうだと思いますが、オンオフ問わず男の人が絶対に着るシーンがあるのがシャツじゃないですか。シャツは下着です。そのうえに上着がある。大人の男の人は、シャツとジャケットは必ず着なくちゃいけないものだと思います。そういう“必需品”で、いいものを少しずつ買っていきましょう」


STEP2
「良質なブランドの低価格なもの」「低価格だけど良いもの」を探す

身だしなみある程度の投資は絶対に必要だという干場氏。だが、結婚して子どもができて、家計的にも若い頃のようにファッションにお金をかけられない、という人も多いはず。そんな人へのアドバイスをもらった。

干場氏愛用、カミチャニスタのシャツ

干場氏愛用、カミチャニスタのシャツ

「最初は高いものはなかなか買えないですよね。でも、僕が着ているシャツは5000円ですよ。ネットで買えるカミチャニスタっていうブランドです。ブランドものでも低価格のものがあるんです。

逆に「ハイブランドではないけれど、上質なもの」もあります。このように、お洒落には「基本」というものがあるんです。僕の著書(『世界のエリートなら誰でも知っているお洒落の本質』PHP研究所)でも紹介していますのでぜひ参考にしてください。この本は、ファッション誌を読む前に読んで欲しいと思って執筆したものです」

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索