• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 趣味
  • 雨の日も、ラグジュアリーキャンプ「グランピング」を

雨の日も、ラグジュアリーキャンプ「グランピング」を

今、注目を集めている「グランピング」の魅力とは

専門的なキャンプのテクニックが不要

テントが常設されていたり、BBQなどの食材を現地で調達できるキャンプ場が増加。テントを組み立てたり、ベースを作るための知識や経験が無い人でも、手ぶらでキャンプができる手軽さが魅力。
快適さ・贅沢感

海・山のシーンともにキャンプはアクティビティーとセットで考える人も多いが、グランピングは多くはBBQなどキャンプの要素を取り入れるが、アクティビティではない。快適な環境でゆっくり過ごす、「なにもしないこと」も贅沢のひとつだ。
自然と一体になるリゾート体験

沈む夕日や、星空を見上げる…快適に過ごす環境を整えることで、より自然を感じられる。
グラマラスなキャンプ=グランピングはある意味「リゾート」体験だ。


吉村氏によると、グランピングには大きく分けて3つのスタイルがあるという。

グランピング・3つのスタイル

“手作り”で豪華なキャンプを実践するマニアタイプ

キャンプのテクニックを持つ人達が、豪華に楽しむためのギアまで一式自分たちで持ちこんで、理想のキャンプシーンを作る。グランピングの原型になった、マニアックなスタイル。
常設テントのキャンプ施設を利用するライトユーザータイプ

常設テントがあり、BBQやお酒などの食材を現地で調達できるキャンプ場を利用する。BBQとキャンプのイイところだけを体験でき、女性の利用者も多数。今、日本のグランピングでは主流の楽しみ方だ。
自然×リゾートのセレブタイプ

キャンプの要素を取り入れたリゾートホテルを利用する。海外では主流になりつつあるが、日本にはまだ数少ない。今後ますます注目が高まると予想されているスタイルだ。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索