• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム

冬京の歌詞

冬京

発売日 1985年02月21日
作詞 夏冬春秋
作曲 岩間雅彦

汚されてゆくために 舞いおりる白い蝶
この街に降る雪は それだけが哀しい

愛されていただけで 愛し方知らないで
流されていたことに 気がつけば独り

後ろ向きの影 追いかけて今
震える心が 駆けてゆく

胸の叫び
ビルの谷間
迷い人
冬京

ひび割れた街並に 静けさが染みこんで
手のひらに受けとめた 冷たさが優しい

足音が消えてゆく 涙さえ流さずに
傷跡が痛む時 振りむけば独り

今日だけでもいい 白いドレスで
私の躰を つつんでよ

胸の叫び
ビルの谷間
迷い人
冬京

胸の叫び
ビルの谷間
迷い人
冬京

情報提供元うたまっぷ.com

雅夢の新着歌詞

タイトル 歌い出し
  • サイレント・サンライト
  • ゆれる木の葉は
  • 帰り路
  • ゆれる街の灯を
  • 愛はかげろう
  • 窓ガラス 流れ落ちてゆく雨を
  • 気まぐれ
  • こうしてそっと針をのせて
  • 辛口のゲーム
  • よく冷えたワインのグラス重ね

歌詞をもっと見る

この芸能人のトップへ