アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 芦田愛菜、7歳で結婚体験&白無垢姿初披露 大河『江』再出演

芦田愛菜、7歳で結婚体験&白無垢姿初披露 大河『江』再出演

 人気子役・芦田愛菜(7)が、上野樹里主演のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』に再出演することになり、幼くして豊臣秀頼に嫁ぐ千(せん)役で“結婚”を体験したことが10日、わかった。初回に茶々(のちの淀)の幼少期役として登場した芦田は今回、上野演じる江と向井理扮する徳川秀忠夫婦の長女・千を演じる。初の白無垢姿で祝言の三三九度にも挑戦した芦田は「楽しかったです。気持ちがシャキンとします」と初々しく語った。

 千は、宮沢りえ演じる淀の息子・秀頼のもとに7歳で嫁いだという史実も残っており、芦田にとってはまさに等身大の役。「千姫はまだ小さいのにお母さんとお父さんと離れて結婚するのは凄いなぁと思います。私だったら寂しいです」と、自身の役どころに戸惑いを感じつつも、いつかのプライベートでの結婚には「ドレスも白無垢も両方着てみたいです」と期待に胸を躍らせた。

 第一話で芦田が演じた茶々にとって、千は嫁にあたる人物。嫁姑関係でまた密接に関ることに「不思議な気分です」と話すも「びっくりしました。1つのお話に2つの役ができるなんて嬉しいです」と大喜び。

 同作の屋敷陽太郎チーフプロデューサーは「第一話で茶々の子供時代を演じ、母・市に江の出産を迫った芦田愛菜さんの迫真の演技は、多くの視聴者から感動を呼びました。千姫は、その江の娘。そして、茶々の息子・秀頼に嫁ぐという宿命を背負います。戦国時代を象徴する運命の姫を演じていただくのは“愛菜さんしかいない”と、第1話の収録直後から考えていました」と、約1年前から芦田の再起用を練っていたという。

 さらに屋敷プロデューサーは、久しぶりに会った芦田の演技から「“大河女優の風格”」を感じたといい、彼女の磨きのかかった愛くるしい演技に期待を寄せている。芦田も「(時代劇は)好きです。お着物着るのも楽しいし、お母さんに(対して)敬語で話すのも面白いし、タイムスリップしたみたいで楽しい」と語っていた。

 大阪城に入り、秀頼を愛しみ良き妻となるも、やがて徳川家と豊臣家の対立の狭間に立たされ、大阪落城の間際には秀頼との別れを経験する芦田演じる千は、9月25日放送の第37回に初登場する。


関連写真

  • 芦田愛菜が7歳で結婚体験&白無垢姿披露(C)NHK 
  • 内掛け姿も披露(C)NHK 

オリコントピックス