アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 鈴木京香主演、NHKドラマ『セカンドバージン』映画化 深田恭子「熱く力強く演じたい」

鈴木京香主演、NHKドラマ『セカンドバージン』映画化 深田恭子「熱く力強く演じたい」

 女優の鈴木京香が年下の男性と不倫するキャリア女性を演じたNHKドラマ『セカンドバージン』が映画化されることがわかった。NHKでは珍しい濃厚なベッドシーンも話題となり、社会現象を巻き起こした大人のラブストーリー。ドラマ放送時には描かれなかった衝撃の真実を、マレーシアの首都クアラルンプールを舞台に新たに描く。主要キャストは続投。不倫相手役の俳優・長谷川博己は映画初出演。長谷川の妻役の深田恭子は、「暑い国での海外ロケがあると聞き、私も万理江という役を熱く力強く演じたい」と意気込んでいる。

 出版業界では名の知れた辣腕プロデューサー、中村るい(鈴木)は、20代の頃に離婚して以来、仕事一筋に生きてきた。45歳になって、既に妻を持つ17歳下のネット証券会社社長、鈴木行(こう)(長谷川)と恋に落ちる。困難な状況を越えて求め合い、試練を乗り越え、一緒に暮らし始めたふたりだったが、ある日、行は忽然とるいの前から姿を消してしまう。5年後、出張先のマレーシアでるいは、行と運命的な再会を果たすが、行はるいの目の前で銃弾に倒れてしまう。事故を知った、行の妻・万理江(深田)もマレーシアにやって来て…。

 映画では男女関係に厳格なイスラム教の国・マレーシアでロケを敢行し、狂おしくも切ない大人の恋愛を艶めかしく大胆に描写する。鈴木は「ドラマを楽しんで下さった皆様の期待を裏切ることのないよう精一杯演じます」と体当たりで挑む覚悟だ。長谷川も「また新たな気持ちで役を全うしたい」とコメントを寄せた。

 ドラマを手がけたNHKの演出家・黒崎博が監督を務め、6月初旬にクランクイン、マレーシア及び関東近郊での撮影を経て7月中旬にクランクアップ予定。9月23日(金・祝)より全国で公開される。

【動画】新作続々!映画予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー




オリコントピックス