アイルトン・セナ財団、セナ作品の収益金を寄付

 世界的F1ドライバー、故アイルトン・セナの死後に設立された慈善団体「アイルトン・セナ財団」と『アイルトン・セナ〜音速の彼方へ』の映画製作者が、同作のBlu-rayとDVD収益金の一部を東日本大震災義援金として、日本赤十字社に寄付することが12日、わかった。

 セナ財団代表でアイルトン・セナの実姉でもあるビビアーニ・セナは、「アイルトンは、いつも日本の皆様をとても称賛していましたし、皆様と同じように困難を乗り越える決意と強さを、生涯を通じて追求していました。アイルトンが人生を懸けて勝利を重ね、3度のワールドチャンピオンを決することができた日本、アイルトンをいつも愛し気に掛けてくださっていた日本の復興に、少しでもお役に立てれば」とコメントを寄せている。

 『アイルトン・セナ〜音速の彼方へ』は、セナの誕生から人生最後のレースとなったサンマリノグランプリまでの34年間を肉親や関係者の証言を交えて振り返るドキュメンタリー映画。劇場公開は、日本にセナのファンが多いこともあり、2010年10月、全世界に先駆けて行われ、同作のBlu-rayとDVDは、セナの誕生日でもある3月21日に発売された。



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • アイルトン・セナ財団代表でセナの実姉でもあるビビアーニ・セナ 
  • DVD版『アイルトン・セナ〜音速の彼方へ』 

オリコントピックス