アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 錦戸亮、2児の父親役で連ドラ初主演「そんな歳になったんやなぁ」

錦戸亮、2児の父親役で連ドラ初主演「そんな歳になったんやなぁ」

 人気グループ・関ジャニ∞(エイト)NEWSのメンバーの錦戸亮が4月スタートの新ドラマ『犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜』(毎週金曜・後11:15〜 テレビ朝日系)で連ドラ初主演を務めることが21日、わかった。完成間近の東京スカイツリーのふもとに4人家族で暮らす主人公は、会社で鬱積した日々を送り、家では夫婦仲が芳しくなくむしろ壊れかけ。ドン底の家族が1匹の拾い犬“スカイツリー”を通じて再生していくホームドラマが展開される。初の父親役に挑む錦戸は実父と自身を重ね、「今の僕と同じ26歳のころには、子どもが3人いたんです。そんな歳になったんやなぁ」と感慨深げだ。

 学生時代に夢見た音楽への道を断ち、中流機械メーカーの人事を担当する主人公は、リストラを社員に伝えるという責務に鬱積する日々。そんな彼と妊娠をキッカケに家族となり、今や2児の母として家庭を支える妻は、家計を助けるために働き詰めの日々をおくる。舞台も東京の下町と決して派手な設定ではないが、現代の世相をリアルに反映した家族の在り方を描く。

 歌手として活躍するかたわら、2008年にドラマ『ラスト・フレンズ』(フジテレビ系)でDVの男性を熱演し話題を集めた錦戸亮。以降は『流星の絆』(09年・TBS系)、『ジョーカー〜許されざる捜査官〜』(10年・フジテレビ系)とキャリアを重ね、7月に遂に映画『ちょんまげぷりん』で初主演を飾るなど俳優として目覚ましい活躍を見せる錦戸が、ついに同作で連ドラ初主演となる。その錦戸を支える妻役には、過去に共演経験を持つ女優・水川あさみが決定している。

 錦戸は「子どもがいっぱいいるという勇次(主人公)の環境は、自分の父親と重なるんですよ」とポツリ。「動物と子どもと一緒の撮影は大変だと言いますけど、全然大丈夫! これまで何回も共演していて、話しやすい存在の水川さんもいるというアドバンテージもありますし、今回の現場に対して特に不安はありません」と自信をのぞかせている。

 同作のゼネラルプロデューサーを務めるのはドラマ『交渉人』シリーズや、現在放送中の『告発〜国選弁護人』(同局系)を手掛けた内山聖子氏。「繊細に見えて骨太な父親を錦戸さんなら生きてくれると思いました」と、大いに期待を寄せる。また「下町に住む欠陥だらけの家族のところに、小さな奇跡(犬)が降ってくる話をやりたかった」と企画意図を明かす。 “金曜ナイトドラマ”として、画期的な設定の作品が放送されることが多かった同枠で“ドストレート”ともいえる同作がどのように視聴者の心を捉えるのか? 新たな挑戦に注目したい。



オリコントピックス