• ホーム
  • 映画
  • 佐藤江梨子、「森山未來さんのファンだった」 共演した震災ドラマが劇場公開

佐藤江梨子、「森山未來さんのファンだった」 共演した震災ドラマが劇場公開

 俳優の森山未來佐藤江梨子が15日、都内で行われた映画『その街のこども 劇場版』(井上剛監督)の公開初日舞台あいさつに登壇した。同作は阪神・淡路大震災から15年目にあたる昨年1月17日に放送されたNHKドラマに未公開シーンを加えて再編集したもの。実際に震災を体験している佐藤は出演をためらったものの脚本に惹かれて決断した経緯を話し、ついでに「未來さんのファンで、共演してみたいなーというミーハー根性で。というのは冗談ですけど、お芝居を見てみたい、一緒にやってみたいと思った」と告白。森山は照れまくった。

 物語は、震災後父親の仕事が原因でいじめに遭い、神戸を離れた勇治(森山)と幼稚園からの親友を失った美夏(佐藤)が2010年1月16日に偶然神戸で出会い、震災から15年がたった17日の朝を迎えるまでに、誰にも言えずに抱え続けてきた思いを語り合う姿を描く。当時神戸市東灘区に住んでいた森山と佐藤の出演、同じく震災体験者である作家・渡辺あやの脚本が話題を呼び、放送後には視聴者から感動と絶賛の声が多数寄せられ、NHK制作のテレビドラマとしては、史上初の劇場公開が実現した。

 森山は満員の客席を見渡して「ドラマが映画になることなんてあまりない。ここまできたのはプロデューサーの熱意」と感慨深げに語り、井上監督に目配せしながら「NHKの監督なので普段舞台に上がることがなく、すごく緊張しています」と代弁。また“スタート、カット”の声がなかったという撮影では1時間も撮られ続けたこともあったといい、佐藤は神戸で「別の撮影で来ていた阿部寛さんが撮影を見かけたらしいけど全然気付かなかった。あの大きい阿部さんに気付かないなんて、よっぽど芝居に入ってたんだと思う」と振り返っていた。

◆映画ニュース 最新情報インタビュー



関連写真

  • 『その街のこども 劇場版』初日舞台あいさつに登壇した(左から)森山未來、佐藤江梨子、井上剛監督 (C)ORICON DD inc.  
  • 『その街のこども 劇場版』初日舞台あいさつに登壇した佐藤江梨子 (C)ORICON DD inc.  
  • 『その街のこども 劇場版』初日舞台あいさつに登壇した森山未來 (C)ORICON DD inc.  

オリコントピックス