アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 菅田将暉、“癒し系森ボーイ”でライダー卒業後初の映画出演

菅田将暉、“癒し系森ボーイ”でライダー卒業後初の映画出演

 『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)でライダー史上最年少主演を務めた俳優・菅田将暉(17)が、来春公開の映画『高校デビュー』(英勉監督)に出演することが12日、わかった。菅田は劇場版『仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』(2009年)でスクリーンデビューを果たしているが、ライダー以外での映画出演は初めて。劇中で癒し系な森ボーイ・田村史也役を演じるにあたり「その真っ直ぐな性格が楽しくて天然の癒しが魅力なので、見てホンワカして下さい」と、これまでのクールな役とは一転した新たな魅力に期待をもたせた。

 同作は、2003年〜2008年まで漫画家・河原和音が連載していた、累計580万部を誇る同名の恋愛応援漫画を実写化。菅田演じる田村は主人公・小宮山ヨウ(溝端淳平)の親友で、優しく温厚だが草食系、何に対しても鈍感な性格の持ち主。同作への出演抜擢に「通っている学校でも女の子の間で流行っていた作品なので、なんだか出演するのが不思議な気分」と落ち着かない様子。「原作の漫画を読んで女心の勉強になりました!(笑)。笑いが沢山詰まっていて何よりメインキャストがボケまくりなので楽しんで欲しいです」と胸を踊らせる。

 山田雅子プロデューサーは「菅田さんはクールなイメージが多かったので、今までに見たことのないキャラの癒し系は絶対に(役柄に)あうと思い、お声がけさせていただきました」と、これまでの役柄の“ギャップ”を意識してキャスティングしたという。撮影中“草食系男子”となった菅田は「監督から『わざとらしくバカップルをして』と言われたので、おもいっきりデレデレやりきりました!」とすっかりキャラが定着しているようだ。



関連写真

  • 映画『高校デビュー』でライダー卒業後初の映画出演となる菅田将暉 
  • 映画『高校デビュー』で同世代の出演者とともに撮影に臨んだ菅田将暉(前列左) 
  • 『高校デビュー』作画(写真左が菅田演じる田村史也) (C)河原和音/集英社 マーガレットコミックス 

オリコントピックス