• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 【東京国際映画祭】松山メアリ、予想外のセクシー衣装に「注目して」

【東京国際映画祭】松山メアリ、予想外のセクシー衣装に「注目して」

 アイドルユニット・bump.yのメンバーで女優の松山メアリが25日、東京・六本木で開催中の『第23回東京国際映画祭』に出品された映画『牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜』の会見に出席した。雨宮慶太監督は、松山の劇中衣装について「もっと露出のない衣装だったが、彼女のたたずまいは手足が非常に美しかった」と、急きょ露出度の高いセクシー衣装に変更したと報告。「普段はスカートとか履かないので、やばい!と思った」と話す松山も、着こなしに自信を深め「今は体が締まっていく感じ。私の女性らしいところを見られると思うので、ぜひ注目して下さい」と笑顔でアピールした。

 同作は、2005年に深夜ドラマとして放送していた同名作品を映画化した、日本初の全編フルデジタル3D映画作品。松山は、主人公と共に活躍する新キャラクターのヒロイン・烈花を演じ、軽やかなアクションと可憐な存在感で魅了する。

 初の3D映画の撮影現場を体験した松山は「カメラも違うし、撮影も時間がかかった。アクションもあったので、立体的に魅せなきゃいけない、と意識した」と苦労を吐露。そんな松山に演技指導を促した雨宮監督は「劇場版で松山はもう一人の主人公。大事にしたいキャラクターだった」と、松山への熱い思いを語った。

 映画『牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜』は10月30日(土)より全国ロードショー。

◆東京国際映画祭特集 みどころ&注目イベントグリーンカーペットフォトギャラリー

◆映画ニュース 最新情報インタビュー映画祭


【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画『牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜』の記者会見に出席した松山メアリ (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜』の記者会見に出席した(左から)雨宮慶太監督、松山メアリ (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜』 (C)2010 雨宮慶太/東北新社 
  • 映画『牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜』の記者会見に出席した松山メアリ (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜』の記者会見に出席した松山メアリ (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス