アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 「解散やめ!」ピンク・レディーが再結成 年内ニューアルバム&来年復活コンサート

「解散やめ!」ピンク・レディーが再結成 年内ニューアルバム&来年復活コンサート

■その他の写真ニュースはこちら

 これまで何度か期間限定“復活”してきた人気デュオ、ピンク・レディーが1980年9月1日の解散宣言からちょうど30年後の1日、本格的活動再開を発表した。デビュー曲「ペッパー警部」のレコーディングを行ったビクターステジオ(渋谷区神宮前)で「解散やめ!」会見が開かれ、ケイ(52)は「30年間解散しておりましたが、本日をもって解散を解消し、ソロ活動とともにピンク・レディーとして活動していくことを2人で決めました」と報告。ミイ(52)も「まさか50歳を過ぎて、こんなミニスカートで歌うとは思いませんでした」と苦笑しながら新たな決意をのぞかせた。

 報道陣からの「おかえりなさい!」という声がけに「ただいま!」と快く答えた2人は、現役当時をにおわせるきらびやかな衣装で登場。「発表の場なので、こういうパーッとした衣装のほうがやる気を見てもらえるんじゃないか」と笑顔で語ったミイは「今回はどなたからの要望でもなく、私たちの意思のもとに決めました」と“解散取り消し”までの経緯を説明。今後は未唯mie、増田恵子としてのソロ活動と並行して、ピンク・レディーとして“継続的に”活動していく。

 ピンク・レディーを創り上げた当時のプロデューサーや、作詞家・阿久悠さんらの相次ぐ訃報に、ケイは「2人がいることは当たり前じゃないんだと、ドキッとした」と復活話をミイに持ちかけ、ミイも同時期、同い年であるマイケル・ジャクソンさんの急死を受け「いつまでピンク・レディーができるかと現実的に考えたときに、このままじゃいけないと思いました」と、3年以上の時間をかけ今回の発表に至った。

 完全復活にミイは「景気がとても低迷している中、私たちが当時の曲を歌って踊ったら、みなさんが元気になって頑張ってくれないかな」と願いを込め、今後の復活コンサートに向け、体力づくりに励むと力強く報告。元祖国民的アイドルとして、AKB48は「ライバルとは思っていません」と落ち着いた表情で語るも「もし同じ歌番組とか出て『ピンク・レディー vs AKB48』とかされたら燃えちゃうかも」と静かに闘争心を燃やしていた。

 完全復活を果たしたピンク・レディーは、12月1日にこれまでのヒット曲を再録音した2枚組ベストアルバムを発売。1976年〜81年の代表曲及び自ら選曲した26曲程度を収録し、この日、新生ピンク・レディーとして同所で初レコーディングに臨んだ。また解散コンサートからちょうど30年後の来年3月31日に、都内某所でプレミアムライブを開催し、ファンの前で完全復活をアピールする。

 ピンク・レディーは1976年に「ペッパー警部」でデビュー。「S.O.S」や「渚のシンドバット」など数々の名曲を世に送り出し、解散宣言の翌1981年3月31日、東京・後楽園球場で解散コンサートを行った。

■ピンク・レディー オリコン歴代記録(2010/9/6付現在)
シングル通算1位獲得週数 歴代1位 63週
シングル通算1位獲得数 女性グループ部門 歴代2位 9作
シングルミリオン獲得数 女性部門 歴代1位タイ 5作 (他:安室奈美恵・宇多田ヒカル・浜崎あゆみ)
シングル総売上枚数 女性グループ部門 歴代2位 1103.7万枚
シングル1位獲得連続年数 女性グループ部門 歴代2位タイ 3年 (※オリコン年度による)(他:プリンセス・プリンセス)


⇒ 引退・復帰の話題が続々 「芸能活動」関連ニュース記事一覧



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 本格的活動再開を発表したピンク・レディー(左からミイ、ケイ) 
  • 本格的活動再開を発表! 30年経った今も美貌健在のピンク・レディー(左からミイ、ケイ) 
  • 本格的活動再開を発表したピンク・レディー(左からミイ、ケイ) 
  • 本格的活動再開を発表したピンク・レディーのミイ 
  • 本格的活動再開を発表したピンク・レディーのケイ 

オリコントピックス