• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • アイルトン・セナ初のドキュメンタリー映画、世界最速、日本先行公開決定

アイルトン・セナ初のドキュメンタリー映画、世界最速、日本先行公開決定

■その他の写真ニュースはこちら

 1994年5月1日、イタリア・イモラサーキットでの衝撃的な事故死から16年…。数々の伝説を残し、世界を席巻したF1界のスーパースター、アイルトン・セナの人物像に迫る初のドキュメンタリー映画『アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ』が、F1世界選手権・日本GP(10月8〜10日、三重・鈴鹿サーキット)の開催に合わせ、10月8日より全世界に先駆け日本で公開される。

 F1ドライバーとして3度のワールドチャンピオンを獲得し、世界の頂点に登り詰めたセナ。その天性のドライビング・テクニックと甘いマスク、その裏に秘められた激しい闘志でファンを魅了し、「音速の貴公子」と称された。34年という短い人生に幕を下ろした後も、「ベスト・オブ・F1ドライバー」としてその存在は揺ぎない。

 同作はセナの生誕50年にあたる今年、彼の遺志を受け継いだ『アイルトン・セナ財団』の全面協力のもと製作された。1960年3月21日、ブラジル・サンパウロで生まれたセナは、4歳にしてカートに夢中になり、プロレーサーを志す。英国のレーシングチーム・トールマンからカーレース最高峰のF1デビュー。その後ロータス、マクラーレン、ウィリアムズへと、名門チームでの変遷を大迫力のレース映像やプライベート映像で振り返る。

 その華々しい経歴の陰で、チームメイトのアラン・プロストとの確執やFISA(国際自動車スポーツ連盟)ジャン=マリー・バレストル会長の政治的圧力に苦悩する日々を、自身のインタビュー、マクラーレンチーム監督ロン・デニス、プロストを始めとするレース関係者、家族、恋人の証言をもとに浮き彫りにしていく。そして、運命の1994年5月1日、イモラサーキット・タンブレロコーナーでの事故。

 少年の頃の夢を忘れなかった世紀のカリスマ・ドライバーは、音速の世界でひとり、自らの命を犠牲にしてまで何を追い続けていたのか? F1黄金時代を牽引したセナのレースに賭ける熱く純粋な想いがスクリーンを駆け抜ける。

 主な登場人物、声の出演は、セナ本人、プロスト、フランク・ウィリアムズ(ウィリアムズ・チーム・プリンシパル)、ロン・デニス(マクラーレン・チーム・プリンシパル)、ヴィヴィアーニ・セナ(実姉)、ミルトン・ダ・シルバ(実父)、ネイジ・セナ(実母)、ジャッキー・スチュワート(F1ドライバー)、シド・ワトキンス(F1ドクター)。

◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集

オリコントピックス