ドラマ&映画 カテゴリ

宮川大輔&ケンドーコバヤシ、ほぼ全裸でナベアツ監督デビュー作ポスターに

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑い芸人の宮川大輔ケンドーコバヤシが、ほぼ全裸で仁王立ちしている衝撃(笑激)的なポスターが、全国の映画館で10日より掲出される。お笑い芸人・世界のナベアツの長編映画監督デビュー作『さらば愛しの大統領』(柴田大輔と共同監督、11月6日公開)のプロモーションによるもので、主演の宮川とケンコバが、裸になって同作への本気度をアピールする。2人は撮影時もほぼ全裸で過ごし、「この映画は笑いの量と値段で見たらかなりおトク! 笑いに特化している!」(ケンコバ)、「本気で裸でアホやってます!」(宮川)と“あられもない”姿を晒しながら、揃って余裕しゃくしゃくだ。

 同作は、『めちゃ×2イケてるッ!』『アメトーーク!』などの高視聴率バラエティ番組の放送作家としても笑いを創出するナベアツと、『ジョージア・明日があるさ篇』(コカ・コーラ)、『NOVAうさぎ』などのCMディレクターである柴田氏がタッグを組み、「これは映画なのか!?」とツッコミを入れたくなるような“笑い”を追求したオリジナル作品。

 「笑い」が日本を救う!「笑い」がみんなを明るく幸せにする―― をマニフェストに掲げ“大阪府合衆国初代大統領”に就任したナベアツに暗殺予告が届く。そこで、大阪府警随一のアホコンビ、早川刑事(宮川)と番場刑事(ケンコバ)が捜査に乗り出すのだが…。

 キャッチコピーに「100%(パー)アホ」とある通り、大阪府が独立国となって、その初代大統領にナベアツが就任する設定自体、心を“アホ”にしなければついて行けないが、その点、宮川とケンコバは心得たもの。2人は「この映画を見て、こういう政治の仕方もあるなと、ナベアツ大統領に学んで頂ければ非常にいいと思います。もし、(首相の)菅(直人)さんに何かあった時は、我々が映画と同じように警護しますので! その際はひとつ、よろしくお願いします!」と平気な顔で菅首相にメッセージを送っていた。

 荒唐無稽なストーリーから離れそうになる観客の心をつなぎとめるのは、吹石一恵釈由美子大杉漣志賀廣太郎前田吟宮迫博之雨上がり決死隊)、仲村トオルら俳優陣の本気の“芝居”から醸し出されるある種の“笑い”。ほかに水野透リットン調査団)、中川家礼二)、高橋茂雄サバンナ)、河本準一次長課長)、小杉竜一ブラックマヨネーズ)、岩尾望フットボールアワー)、レイザーラモンRGらお笑い芸人も一挙出演する。

◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 「100%アホ」を体を張って表現する宮川大輔とケンドーコバヤシ 映画『さらば愛しの大統領』劇場掲出ポスターが解禁 
  • 「100%アホ」を体を張って表現する宮川大輔とケンドーコバヤシ 映画『さらば愛しの大統領』ポスター撮影時のその他“アホ十変化”の1カット 
  • 「100%アホ」を体を張って表現する宮川大輔とケンドーコバヤシ 映画『さらば愛しの大統領』ポスター撮影時のその他“アホ十変化”の1カット 
  • 「100%アホ」を体を張って表現する宮川大輔とケンドーコバヤシ 映画『さらば愛しの大統領』ポスター撮影時のその他“アホ十変化”の1カット 
  • 「100%アホ」を体を張って表現する宮川大輔とケンドーコバヤシ 映画『さらば愛しの大統領』ポスター撮影時のその他“アホ十変化”の1カット 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索