ドラマ&映画 カテゴリ

KinKi Kids、ベビースター新CMに起用 12年3か月ぶりに2人でCMイベント登場

■その他の写真ニュースはこちら

 人気デュオ・KinKi Kidsが、発売51周年を迎えた『ベビースター』(おやつカンパニー)のCMキャラクターに起用され7日、都内で行われた新CM発表会見に出席した。デビュー13年目の彼らだが、堂本剛堂本光一の二人がそろってCM会見に出席するのは12年3か月ぶり。光一は「さっきおうかがいしたけど、そうみたいですね」と気にもとめずあっけらかんと語った。

 二人は七夕にちなんで「ベビースターの夏祭り」をテーマに組まれたステージに浴衣姿で登壇。剛は「約5万人の皆様を前にごあいさつを。ただいまご紹介にあずかりました、堂本剛です。そしてこちら、若手のホープ。30歳を超えましたけど」とボケまくりのあいさつ。急に振られた光一は「若干若手じゃなくなってきた…。僕らも子供の頃から馴染み深い『ベビースター』のCMに出演させていただいて嬉しく思います」と真面目に答えた。

 同社の会長や常務らと共演したCM撮影を振り返り、光一は「会長とかとCMに出るってないので。面白かったです」。さらに駄菓子のCMとは思えぬクールな仕上がりに、「最初にテレビでCMが流れたとき、何のCMかなって思うと思う」(光一)、「廊下でうなだれて何やってんだこの人たちはという感じ」(剛)。共に違和感を口にするなど、漫才のような掛け合いに2人のかもし出すのんびりした雰囲気に会場からは常に笑いが起こっていた。

 1959年の発売から半世紀を経て、味とデザインを一新。「ベビースターラーメン(チキン)」「ベビースター焼きそば」「ベビースターうどん」に新ブランド「ベビースターパスタ」が加わり、12日より新発売される。KinKi Kidsが出演するテレビCMは、2人がバックバンドの演奏で『ベビースター』オリジナルCMソングを口ずさむ「登場」篇と、CMソングを歌う2人をミュージックビデオのようにスタイリッシュに描く「展開」篇が同じく12日より放送される。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索