アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 泉谷しげる、昨今の政治に苦言 「“鳩”はなんだったんだ」

泉谷しげる、昨今の政治に苦言 「“鳩”はなんだったんだ」

■その他の写真ニュースはこちら

 シンガーソングライター・泉谷しげるとタレント・千秋が8日、都内で行われた映画『クレイジー・ハート』公開記念弾き語りコンテストにゲスト審査員として出席した。泉谷は、同映画の主人公が落ちぶれたシンガーであることと絡めて「男はみんなだらしないんだよ。男にだらしない演技をやらせたら、演技を超えるくらいうまい」と持論を展開。さらに、昨今の政治についても「もういい加減にしろってね。時間くって何考えてるんだ。“鳩”はなんだったんだ」と苦言を呈し、「もっと国民は口出したらいいよな」と語った。

 30歳以上の男性アマチュアミュージシャンが、それぞれの“愛の歌”を演奏するという同イベント。この日集まった4人は、大御所・泉谷の前でオリジナル曲を披露するも、泉谷は「声はいいんだけど、お前なに言ってんのかわかんねえんだよ」「どっから声出てんだ?なんか見た目貧しいよね。」と辛口な評価をくだした。すると、居ても立ってもいられないといった様子で自らのギターを取り出し、なんとサプライズで自身の楽曲「春夏秋冬」を熱唱。「優勝者は決まりですね」という司会者に「俺が優勝してどうすんだ!」と鋭いツッコミを入れていた。

 千秋は同映画について「夢を諦めた人も、これを観てもう一度何かを感じてもらえたら」とアピールしつつ、「男の人のバイブルになるような、男の人の生き方が分る映画だなと思いました」と内容を絶賛。泉谷は“傷ついた者にしか、歌えない愛がある”という作品のキャッチコピーについて「歌そのものが“傷”ですからね。恋愛は恋愛なりに、若いヤツは若いヤツなりにね」。続けて「だいたい私の場合は、傷つける歌ですからね。凶器です」と、ユーモアを交えながら“歌”について熱く語った。

 映画『クレイジー・ハート』は6月12日(土)より全国公開。


 泉谷しげる



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画『クレイジー・ハート』公開記念イベントに出席した泉谷しげる(左)、千秋 
  • 映画『クレイジー・ハート』公開記念イベントに出席した泉谷しげる 
  • 映画『クレイジー・ハート』公開記念イベントに出席した泉谷しげる(左)、千秋 

オリコントピックス