ドラマ&映画 カテゴリ

森三中・村上知子、本格舞台初参戦 大槻ケンヂからの“秘策伝授”に驚愕

■その他の写真ニュースはこちら

 女性お笑いトリオ・森三中村上知子らが25日、都内で行われたロック演劇『アウェーインザライフ』(6月4日〜18日・赤坂BLITZ)の製作発表会見に出席した。女優・水野美紀と楠野一郎が主宰の演劇ユニット・プロペラ犬と、ロックバンド・筋肉少女帯のコラボレーションが実現した同作で本格的な舞台初参戦となる村上は「(畑違いだが)胸を借りて頑張る!」とあいさつ。楽器が弾けないにもかかわらず、ガールズバンドのベース役を演じるが大槻ケンヂから「キーボードの人に打ち込んでもらえば」と“秘策”を伝授され驚きの表情を浮かべていた。

 村上は、タイトルの“アウェー”に引っ掛けて「森三中で舞台に出る時は常にアウェーなんです。男性芸人目当てのファンも多いので苦しい。でも、今ではスベっても怖くないし『私、ボケてないよ!』と強い気持ちを持って乗り越えてきました」と語り、芸人として培った度胸を少しでも活かしたい様子。また村上は、自身の短い手でベースを弾きこなせるのかと不安げだったが、これには同作に楽曲を提供し、ゲスト出演もする筋肉少女帯の大槻が「ロックバンドはボーカルが間違っても何とかなるもの。ベースは、キーボードの人に“打ち込み”をしてもらえば大丈夫!」とアドバイスしていた。

 水野は村上に向けて「(お笑いの)舞台に立っていて“ライブ”にも慣れている。ガッと観客の心を掴んで欲しい」と期待を込める。また、年1回に小規模の劇場で公演するのがやっとだった同ユニットが、赤坂BLITZで初となる本格的演劇公演を行うことに「前例も無いし“アウェー感”満載。本当に無謀で吉と出るか凶と出るか、まさに紙一重です」と、率直な心境を明かした。ドラムを叩く役となるソニンは、村上の参戦に「見慣れないジャンルの方。(自身の)出演の決め手にもなりました」と話し、村上から強烈なツッコミを入れられていた。

 そのほか、会見には橘高文彦、本城聡章、内田雄一郎(以上筋肉少女帯)、小林顕作、伊藤明賢、市川しんぺー木野花、演出家の河原雅彦も出席した。

◆関連ニュース よしもと芸人


 ソニン大槻ケンヂ

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 舞台『アウェーインザライフ』製作発表会見に出席した森三中・村上知子 (C)ORICON DD inc. 
  • 舞台『アウェーインザライフ』製作発表会見に出席した筋肉少女帯・大槻ケンヂ (C)ORICON DD inc. 
  • 舞台『アウェーインザライフ』製作発表会見に出席した(左から)ソニン、水野美紀、森三中・村上知子、筋肉少女帯・大槻ケンヂ (C)ORICON DD inc. 
  • 舞台『アウェーインザライフ』製作発表会見に出席した水野美紀 (C)ORICON DD inc. 
  • 舞台『アウェーインザライフ』製作発表会見に出席したソニン (C)ORICON DD inc. 
  • 舞台『アウェーインザライフ』製作発表会見の模様 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索