• ホーム
  • 映画
  • 生田斗真、映画初挑戦で大物女優らのハートをわしづかみ

生田斗真、映画初挑戦で大物女優らのハートをわしづかみ

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の生田斗真が、映画初出演にして主演を務める『人間失格』の完成披露試写会イベントが27日、都内で行われキャスト陣が出席した。舞台あいさつでは生田演じる青年を中心とした男女の愛憎劇を描いた同作について、青年が堕ちていくきっかけとなる女性を演じた室井滋が撮影を振り返り、「斗真くんのファンの皆さんは目を覆いたくなるシーンがある。私もまさかそんなことになるとは思わず、目が見られなかった。熱い夏でございました」とメロメロの様子。すっかりハートをわしづかみにされていた。

 1948年に発表され、作家・太宰治のエッセンスが最も凝縮された作品とも言われる『人間失格』を初めて映画化した同作。繊細で独特の感性を持ち、それ故に幼少時代から世間にうまく馴染むことのできない青年・葉蔵(生田)が、美しい容姿と魅力で異性同性問わず人間を惹きつける一方、自身は不安や孤独を抱え続け、自らの居場所を見つけられずに未来を失っていく模様が描かれる。舞台あいさつに登壇した生田は「僕自身、観ていただくことを心待ちにしていたので、感無量です。僕が胸を張って自信作と言える作品になりました」と感慨深げにあいさつした。

 すっかり生田にメロメロな室井に続き、生田にとって最後の女性となる役柄を演じた三田佳子も「私もどう言ったらいいのか…。斗真くんとちょっとたいへんなシーンがありまして…オホホ。今回は年老いた女という役だったので、おばあさんになったらまた男盛りの斗真くんと共演したい」と嬉々として語り、思わず生田を苦笑させていた。また友情出演で映画オリジナルキャラクターの中原中也役を演じたV6森田剛からも「後輩の生田斗真くんと絡めたのが楽しかった」と明かされるなど、生田は役柄同様に性別を問わず共演者の心を掴んで離さなかった。

 舞台あいさつ前に行われたレッドーカーペットでは、同作の音楽を担当した中島ノブユキ氏によるカルテット「アヴェマリア」の生演奏をBGMに出演者たちが登場。イベントには生田のほか伊勢谷友介石原さとみ小池栄子坂井真紀、大楠道代、石橋蓮司、荒戸源次郎監督、角川歴彦氏が出席した。映画『人間失格』は2月20日(土)より全国で公開。

【特集】太宰治、生誕100周年でブーム再燃!

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

◆「映画」関連インタビュー バックナンバー Vol.1Vol.2
取れたて情報満載! 「映画」関連ニュース一覧



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画『人間失格』の完成披露イベントで、主演の生田斗真との撮影を振り返った(左から)室井滋と三田佳子 
  • 映画『人間失格』の完成披露イベントに出席した(上段左から)石原さとみ、荒戸源次郎監督 (下段左から)伊勢谷友介、大楠道代 
  • 映画『人間失格』の完成披露イベントに出席した(上段左から)角川歴彦氏、坂井真紀、石原さとみ (下段左から)石橋蓮司、大楠道代、伊勢谷友介 
  • 映画『人間失格』の完成披露イベントに出席した(上段左から)小池栄子、荒戸源次郎監督 (下段左から)三田佳子、室井滋 

オリコントピックス