• ホーム
  • 映画
  • 佐々木希『天使の恋』、観客が選ぶベストシーンを異例のWEB配信

佐々木希『天使の恋』、観客が選ぶベストシーンを異例のWEB配信

■その他の写真はこちら

 モデル、タレントとして活躍中の佐々木希が、女子高生役で映画初主演することでも話題の『天使の恋』(公開中)。配給元のギャガでは、この映画を観た観客約3000人にアンケートを実施し、その結果選ばれた“お気に入りのシーン”ベスト3を発表。さらに、現在映画は公開中だが、同シーンのWEB配信を21日よりスタートした。

 ベスト1に選ばれたのは、532票を集めた「病室で光輝(谷原章介)が理央(佐々木)に本当の思いを告げる」シーン。ずっと理央を避けてきた谷原が、それまでの感情を表さない姿から一変して、隠し通していた心のうちをはき出す、劇中でもっとも大きな感動を呼ぶシーン。撮影はリハーサルなしで挑み、見事一発OKだったという。出演する大石参月も初日の舞台あいさつで大絶賛していた。アンケートには「これでもかと泣かされてしまった」(女性/19歳)「美しすぎる」(女性/26歳)などの声が寄せられている。

 306票が寄せられ2位に入ったのは、「図書館でのキス」シーン。佐々木と谷原の共演初日に撮影されたシーンで、初日からのキスシーンに緊張しっぱなしの佐々木を、谷原がユーモアあふれるトークでリラックスさせていたという。さりげなくさわやかに突然おとずれるこのシーンに、思わず心奪われる女性が多いようだ。「とにかくうらやましい。もうこんなことないんだろうなと感慨」(女性/29歳)。男性からも「もう1回観たい」(男性/16歳)という声があがっている。

 3位は、108票を獲得した「駅での投げキッス」シーン。一方的に思いを寄せる理央が、別れ際に駅ホームの向かいの光輝に大胆にも投げキスをするシーン。演じた佐々木は「自分ではあそこまでできないけれど、それが出来てしまう理央はカワイイと思います」とコメントしている。「男性にアタックする理央の姿はどのシーンもずっとかわいいが、なかでもここは格別。でも普通のコにやられたらひくかも(笑)」(男性/18歳)という冷静な声も・・・。

 さらにこのほかに、佐々木が撮影中に一番うれしかったという、「冷たい光輝に理央が涙ながらに愛情を伝える」シーンも公開された。佐々木は、このシーンの撮影でOKが出た瞬間、谷原に「今のよかったよ!」と褒められたエピソードを明かしている。

 21日より、映画公開中にも関わらず、見どころとなる4シーンの異例のWEB配信が開始された『天使の恋』。23日まではORICON STYLEで、24日より映画公式サイトでも配信される。

◆『天使の恋』観客が選ぶベスト3シーン
【1位】「病室で本当の思いを告げる」
【2位】「図書館でのキス」
【3位】「駅での投げキッス」
【番外編】「冷たい光輝に理央が愛情を伝える」



関連写真

  • 【1位】「病室で本当の思いを告げる」(C)2009「天使の恋」製作委員会 
  • 【2位】「図書館でのキス」(C)2009「天使の恋」製作委員会 
  • 【3位】「駅での投げキッス」(C)2009「天使の恋」製作委員会 

オリコントピックス