アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 女優生活10周年・米倉涼子主演人気ドラマ『交渉人』が映画化

女優生活10周年・米倉涼子主演人気ドラマ『交渉人』が映画化

■その他の写真ニュースはこちら

 女優・米倉涼子主演の刑事ドラマ『交渉人』(テレビ朝日系)が映画化されることが22日、わかった。女優生活10年の節目を飾る同作に米倉は「ここからが本当のスタート。よりパワーアップして、ドラマとはまた違った魅力をお届けできるよう、チーム一丸となって頑張ります」と興奮気味にコメントを寄せた。

 立てこもり犯や爆弾魔などの難事件を次々と解決していく女性交渉人・宇佐木玲子の活躍を描いた『交渉人』は、2008年1月10日から2月28日までの全8話で最高視聴率16.7%を記録。今年2月に放送された2時間スペシャルでは17.1%を稼ぐ人気ドラマに成長した。

 事件現場の最前線で身体を張って犯人と粘り強い交渉を行ない、命がけの任務を遂行する特殊チームSIT(Special Investigation Team)。究極の“男社会”の中で、犯罪だけでなく組織とも孤軍奮闘する女性交渉人は、新たなヒーロー像ともいえる。主演の米倉にとっても、松本清張三部作(『黒革の手帖』『けものみち』『わるいやつら』)に加わる代表作となった。

 劇場版では、高度1万mを飛ぶジェット機を舞台に、乗客数百人を人質とするハイジャック犯が登場。地上との緊迫する頭脳戦を交え、凶悪な犯人たちと熾烈な闘いを繰り広げる。テレビシリーズを継承しつつ、実物に限りなく近いジェット機セットを制作するなど、テレビには収まりきらないスケールの“ハードボイルドな女性映画”を目指す。8月上旬よりクランクイン。東映配給で、2010年2月公開予定。

【美少女投票】米倉涼子も出身!『全日本国民的美少女コンテスト』



関連写真

  • 米倉涼子〜テレビ朝日『交渉人』より 
  • ハードセクシーな宇佐木玲子のお仕事ファッション 

オリコントピックス