• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • NHK朝ドラ、来春は『ゲゲゲの女房』に決定 水木しげる夫人の自伝をドラマ化

NHK朝ドラ、来春は『ゲゲゲの女房』に決定 水木しげる夫人の自伝をドラマ化

■その他の写真ニュースはこちら

 NHKは22日、2010年春からの朝の連続テレビ小説(NHK総合・前8:15〜ほか)が人気漫画『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる漫画家・水木しげる氏の妻・武良布枝さんの自伝を原案にした『ゲゲゲの女房』に決まったと発表した。好きなことに命懸けで打ち込む夫を支えるヒロインとその家族を描いた昭和の青春物語で、家族年代記になるという。シリーズ通算82作目で制作はNHK東京。出演者は後日、発表される。

 原作は、武良さんの目から水木夫妻の半生を振り返った2008年刊の同名作品。楽天的で働き者のひとりの女性が“無名の漫画家”とお見合い結婚し、その後、夫の才能や人格の魅力に気づいていく。新婚の2人が東京都調布市に新居を構え、赤貧の時代からやがて有名作家となり夢をつかんでいく過程を、戦後の日本が少しずつ復興していく戦後史と重ねて“大切な人とともにいること”の重要さを描く。

 脚本はNHK金曜時代劇『御宿かわせみ』『慶次郎縁側日記』や土曜ドラマ『トップセールス』などを手掛ける山本むつみ氏。制作にあたって「どん底の貧乏時代も、売れっ子になってからも、“女房”の生き方はブレません。身の上に起きることをあるがままに受け止め、“お父ちゃん”と一緒に、毎日を精一杯生きていきます。普通で自然体で、それでいて腹の据わった生き方の力強さに、私は惚れてしまいました」とコメント。山本氏の前職が編集者ということから「戦後の出版界を担った漫画家や編集者たちの熱き奮闘ぶりを描くことにも、ちょっと燃えているのです」と自らの経歴にも重ねて表現していく。

 ドラマの舞台は、新婚生活から現在まで続く創作の拠点地・調布を中心に武良さんの故郷である島根県安来市、水木氏の故郷である鳥取県境港市も登場。放送予定日は、来年3月29日(月)から9月25日(土)まで全156回。

オリコントピックス