• ホーム
  • 芸能
  • 清原和博、初の自伝が新刊本1位の“大ホームラン”

清原和博、初の自伝が新刊本1位の“大ホームラン”

昨シーズンで23年間のプロ野球選手生活の幕を閉じた、清原和博の初の自伝『男道』(幻冬舎)が発売1週目で3万2445部の売上げを記録し、1/26付“本”BOOK(総合書)部門で、『読めそうで読めない間違いやすい漢字』(二見書房)、『「脳にいいこと」だけをやりなさい!』(三笠書房)、『オバマ演説集 生声CD付き』(朝日出版社)に次ぐ、4位に初登場。新刊本としては堂々の1位を獲得した。

同書には、「桑田を憎んでいた。そして、僕に桑田を憎...

オリコントピックス