アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『20世紀少年 第2章』総費用8000万円イベントで常盤貴子「芸術がバクハツ……」

『20世紀少年 第2章』総費用8000万円イベントで常盤貴子「芸術がバクハツ……」

■その他の写真はこちら

 ベストセラーコミックを3部作で実写映画化する邦画大作『20世紀少年 −第2章− 最後の希望』(1月31日公開)の完成披露イベントが19日(月)、映画の舞台となった大阪・万博記念公園の太陽の塔前で行われ、豊川悦司常盤貴子平愛梨香川照之木南晴夏ら出演者とスタッフが登場。この日のイベント総費用は、国内映画イベントとしては最大級となる8000万円。“ともだちの塔”に姿を変えた太陽の塔で行われた大掛かりな演出に常盤貴子は「芸術がバクハツしました」と感想をもらした。 約1000人の観客が集まり、まさに映画の規模を象徴することになった今回の一大イベント。岡本太郎さんの代表作であり高さ65メートルという日本最大級の現代アート・太陽の塔が、映画に登場する“ともだちの塔”に姿を変え、映像と75発の花火による演出が行われた。

 イベントを見終わった後の出演者、スタッフは、そのスケールの大きさに一様に感無量の面持ち。豊川は「想像以上にやってくれた。最初は(太陽の塔を変えることは)ケシカランと思っていましたけど、やってみるとよかった(笑)」。常盤は「ここまでやると、岡本さんも喜んでくれるのでは。芸術がバクハツしました」と演出も含めたイベントの感想を、岡本さんの名言にかけてコメントした。

 また、原作者の浦沢直樹は、実物大のともだちの塔を目の前にし、さらにそれをスクリーン代わりにした映像演出に大感激。「泣きそう」とコメントした後、「これでもう1本(新しい)漫画が作れそうな気がする」と語り、大きな拍手をあびた。

 ちなみに、2008年8月に公開された第1章の完成披露イベントでは、約4000万円の総費用がかけられていたが、今回はその倍。この大掛かりな宣伝イベントについて、豊川は「接待を受けたような感じですが、当事者の我々も一緒に楽しめます」、常盤は「お金かけているだけあって、これまでに見た事のない規模」、香川は「次はどうなるんだろう……」とコメント。第3章(2009年秋公開)では、映画だけでなく、完成披露イベントの動向にも注目が集まりそうだ。

 2008年8月に公開された第1章は、動員300万人、興行収入39億円と大ヒットをみせていた。その興奮冷めやらぬなか、いよいよ第2章の幕が落とされる。



関連写真

  • 岡本太郎作品「太陽の塔」の前で行われた『20世紀少年 −第2章− 最後の希望』(1月31日公開)の完成披露イベント 
  • 豪華イベントでは花火も打ち上げられた 
  • 超豪華リムジンで会場に登場した出演者ら 

オリコントピックス