ドラマ&映画 カテゴリ

ブラピがヴェネチア映画祭で子作り宣言!?「来年もう2人」

■その他の写真はこちら

 第65回ヴェネチア国際映画祭のオープニング作品となった、アカデミー賞作品賞受賞監督ジョエル&イーサン・コーエン待望の次回作『バーン・アフター・リーディング』(原題)。その上映を前に27日(水)、現地で記者会見が行われ、出演するブラッド・ピットジョージ・クルーニーらが出席。ブラッドは子供についての質問に対して「来年もう2人子供を作ろう!」とジョークを交えながらご機嫌な様子で答えた。

 『バーン・アフター・リーディング』は、コーエン兄弟が監督を務め、ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントンら超豪華キャストが共演する話題作。CIAの国家機密を巡っておバカな人々が国家規模の大騒動を繰り広げるスパイラル・クライム・コメディだ。

 ヴェネチア国際映画祭の初日にして、最大の目玉イベントとして注目を集める本作。この日の会見場には、200人を超える世界中からのマスコミがつめかけ、入場できないマスコミもでるなど熱気で溢れかえった。そんななか、会見は終始ジョージ中心で進み、ジョーク交じりの和やかな雰囲気で進められた。

 ブラッドは今回の出演について「コーエン兄弟とは長年一緒に仕事をしたいと思ってきたから、連絡がきてすごく嬉しかった。ただ、脚本がアテがきと聞いて読んだら、ビックリするようなおバカな役柄だった。これには困った。自分はこんなにおバカなやつだと思われていたのかと思っちゃった」と語り、会場の笑いを誘った。

 一方、会見の中心となったジョージは「俺も、アテがきしているといわれて脚本を渡されたのに、おバカな役だった。自分は長年一緒に仕事してきているのに、こんな風に思われていたのかと思った。今回の作品の中ではみんなほぼアドリブなく演じた。コーエン兄弟の作品は、そのままで成立しているから必要ないんだ。クランクアップの日に『もうこんな役はやらないぞ!』と言ってやったよ」。これに対してコーエン兄弟は「じゃあ、もうボクらの作品には出ないんだね(笑)」と返し、笑いの溢れる和やかな会見となった。

 その後、ジョージへ「ブラッドは6人の子供をもつけどあなたは(結婚や子供に)興味ない?」と質問が飛ぶと「まさか、こんな質問されるなんて思ってもみなかったよ(笑)。そうだな、今日結婚して子供もつくっちゃおうかな(笑)」(ジョージ)と軽くかわし、ブラッドはこれを受けて「じゃあ、僕は来年もう2人子供を作ろう(笑)」とリップサービス。ブラッドとは『オーシャンズ13』(2007年)に続く共演となったジョージだが、ブラッドへの質問を代わりに答えるなど、相変わらずのチームワークのよさをみせつけた。

 この日の会見には、コーエン兄弟、ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントンが参加した。『バーン・アフター・リーディング』は2009年日本公開予定。

今月の写真ニュース一覧をみる

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • オープニングセレモニーに登場したブラッド・ピット。双子の子供への質問にも余裕の回答!? Photo: Macall Polay 
  • ジョージ・クルーニーとブラッド・ピット Photo: Macall Polay 
  • 勢ぞろいした豪華キャスト陣とコーエン兄弟監督 Photo: Macall Polay 
  • 『バーン・アフター・リーディング』(原題)日本公開は2009年予定/(c) 2007 Focus Features LLC.? All rights reserved. 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索