ドラマ&映画 カテゴリ

押井守の新作『スカイ・クロラ』予告編を庵野秀明、行定勲、樋口真嗣が特別制

■その他の写真はこちら

 いよいよ8月2日(土)より公開される押井守監督の新作劇場版アニメ『スカイ・クロラ』。その予告編を『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督、『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督、『隠し砦の三悪人』の樋口真嗣監督という現在の日本映画界をリードする3人の監督が独自の解釈で制作。動画配信サイト・GyaOで『スカイ・クロラ』“予告編祭り”として、7月25日正午からその映像を一挙公開することがわかった。

 企業の介入によって“娯楽”となった戦争に翻弄される少年兵士たちを描いた『スカイ・クロラ』は、押井監督自ら「観る人によって、各々の解釈があっていい…」と語ったことから、押井監督を敬愛しする3人の人気監督がそれぞれの解釈で「予告編」を制作するという前代未聞のプロジェクトが始動。

 “予告編祭り”には、『新世紀エヴァンゲリオン』、そして実写版『キューティーハニー』など押井監督と同じくアニメ界出身で実写も手がける庵野監督。アニメ、特撮界出身で現在では『ローレライ』『日本沈没』『隠し砦の三悪人』などメジャー作品も手がける樋口監督、さらに、今回アニメ作品の編集は初となる行定監督が参加する。

 映画のエッセンスをわずかな時間の中に凝縮し、視聴者に「観たい!」と思わせる予告編を作るのは作者のセンスが非常に問われるもの。3人の監督がどのような切り口で予告編を作るのか、注目が高まる。

今月の写真ニュース一覧をみる

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • (C)2008 森 博嗣/『スカイ・クロラ』 製作委員会 
  • (C)2008 森 博嗣/『スカイ・クロラ』 製作委員会 
  • (C)2008 森 博嗣/『スカイ・クロラ』 製作委員会 
  • (C)2008 森 博嗣/『スカイ・クロラ』 製作委員会 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索