ドラマ&映画 カテゴリ

昨年11月30日からNHKで放送されていた連続テレビ小説『おちょやん』(月〜土 前8:00 総合)が、5月15日にすべての放送を終えた。初回から最終回(5月14日放送)までの全115回の期間平均視聴率は関東で17.4%、関西で17.2%だった。連続テレビ小説で期間平均が17%台だったのは、2012年後期『純と愛』(関東:17.1%、関西15.9%)以来となる。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、世帯視聴率。 同作は、幼くして母を失い、継母に家を追い出された主人公・千代(杉咲花)が、ラジオドラマへの出演で全国的に名を広め、「大阪のお母さん」と呼ばれるまでを描いた作品。人生をひたむきに生きる人間の哀歓や苦衷を重くなりすぎないように描き出し、時に視聴者の予想を超える“伏線回収”などで楽しませてくれた。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索