ドラマ&映画 カテゴリ

川口春奈&横浜流星、星野源の『着飾る恋』主題歌に賛辞 丸山隆平は製作中のメール秘話明かす

 20日スタートのTBS系新ドラマ『着飾る恋には理由があって』(毎週火曜 後10:00)記者会見が17日、オンラインで開催。初回放送で解禁となる、星野源が歌唱する主題歌に関する話題では、キャスト陣が期待を寄せた。

 同ドラマは、きれいに着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。星野がドラマ主題歌を担当するのは、NHK連続テレビ小説『半分、青い』の「アイデア」以来3年ぶりで、同局作品ではドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の「恋」以来5年ぶりとなる。

 川口春奈が主演を務め、横浜流星丸山隆平関ジャニ∞)、中村アン向井理夏川結衣山下美月高橋文哉らが脇を固めるが、キャストでありこの日の会見で進行も務めたずん飯尾和樹が「主題歌は星野源さんが書き下ろしてくれました。ありがとうございます! 源ちゃん!」と喜びを伝えた。

 その後、川口が「勝手に本当に想像していたのが、ポップなキャッチーかなと思っていたんですけど、本当にすごくしっとり聞かせる系なすばらしい歌声で…。主題歌は世界観を一緒に作っていくものですが、キャラクターの心情に寄り添うというか、あったかいというか、せつないというか。すごく声がステキです」と絶賛。横浜も「歌詞もめちゃくちゃ深くて、本当によりこの作品を盛り上げてくれて、深く魅力的にしてくれる楽曲でステキだったので、早く聞いていただきたいです」と声を弾ませた。

 丸山も続けて「ぜひとも、盤で買ってください…って、なんでおげんさん(星野)の宣伝を」と笑わせながら「きっと好きになってくれると感じています。おげんさんにメールしたんですよ。『ちょうど制作中で…』みたいなのをやりとりさせてもらって、相当力が入っているようです」と解禁を前にアピールしていた。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索