アニメ&ゲーム カテゴリ

女優の倉科カナが、7月2日に公開される『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』でアニメ映画の声優に初挑戦することが発表された。 倉科が演じるのは、ヒロイン・エリザベスの母であり、女神族を総べる“最高神”。メリオダスに“永遠の生”の呪いをかけた張本人であり、謎に包まれた存在だ。

この記事の画像

  • (左から)川島明、倉科カナ、井上裕介(C)鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会
  • 劇場版『七つの大罪 光に呪われし者たち』のティザービジュアル (C)鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索