ドラマ&映画 カテゴリ

テレビ朝日系で放送中の『相棒season19』(毎週水曜 後9:00)。きょう18日放送の第6話「三文芝居」は、劇団☆新感線の橋本じゅんがメインゲストとして登場。しかも、脚本は、映画『去年の冬、きみと別れ』『グラスホッパー』『脳男』、ドラマ『dele』(テレビ朝日)などを監督した瀧本智行氏が初めて手掛けた、ある種の“肝入り”回となっている。演出は、権野元氏が担当。

橋本は、30年以上のキャリアを持ち、舞台をはじめ、ミュージカルやシェイクスピア作品もこなす演劇好きの間...

この記事の画像

  • 『相棒season19』第6話「三文芝居」(左から)杉下右京(水谷豊)、松野優太(橋本じゅん)、冠城亘(反町隆史) (C)テレビ朝日
  • 事件を目撃したという松野優太(橋本じゅん)と捜査一課の皆さん(C)テレビ朝日
  • “たまたま”付近を散歩していた(!?)特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が現場に現れる(C)テレビ朝日
  • 『相棒season19』第6話「三文芝居」特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)(C)テレビ朝日
  • 『相棒season19』第6話「三文芝居」特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)(C)テレビ朝日
  • 『相棒season19』第6話「三文芝居」(C)テレビ朝日
  • 『相棒season19』第6話「三文芝居」(C)テレビ朝日

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索