ドラマ&映画 カテゴリ

堤真一“普通のオッサン化”に成功「大したことないと思わせる方がいい」 石田ゆり子&岡田健史が驚き

 俳優の堤真一岡田健史、女優の石田ゆり子堤幸彦監督が9日、映画『望み』の公開初日舞台あいさつに登壇した。

【写真】その他の写真を見る


 家族として出演する3人。堤は「映像の仕事ではよくあることなんですけど現場で『はじめまして』で恋人だったり、家族だったりすることがある。それが苦手だったこともあって、僕がお願いをして、(監督を含めた)この4人で撮影前に食事をしたいと」と食事会を催したという。作品について話し合うのではなく「単に食事会」だったそう。

 その時の印象を問われた石田が「ホントに…」と話し始めると何かを察知した堤は「いらんこと言わないでね」と先回りでクギを刺して笑わせる。苦笑いの石田は「ホントに映画の話題じゃないことで盛り上がった。でも、それがよかった。なんでもない笑える話」と感謝すると、後を受けた堤は「若い岡田くんに『大したことない普通のオッサンや』と思わせる方がいい。だから、くだらない話を」と意図を説明した。

 そんな配慮を受けていた岡田は「おっしゃる通り、堤さんがずっとお話されていた。それを僕と石田さんと堤監督が聞いている。その姿を見て、僕の親父になる人は、この人なんだと情報量がひたすら入った。その横で石田さんが、いい奥さんのようにうなずく。石田さんはホントに裏表がない。ずっと親父とおふくろを見ている感覚で、それが撮影で生きたと思います」と振り返る。“普通のオッサン”化作戦が成功した堤は「初めての人で(家族は)嫌じゃないですか。恥ずかしい。だから、とにかくずっとしゃべっていたんだと思います」と照れ隠しをしていた。

 また、完成披露試写会に続いて娘役の清原果耶は撮影の都合で欠席。堤は「食事会も未成年ということもあって、いらっしゃらなかった。この間の完成披露の時も忙しくて…。俺らがヒマなのかな?」とぽつり。撮影以降は会えていないそうで「機会があれば、お会いして話をしたい」と再会を心待ちにしていた。

 同作は、モデルハウスのような高級住宅で暮らす“石川家”を描いた作品。誰もがうらやむ家庭だったが、高校生の息子・規士(岡田)が、けがでサッカー部を辞めて以来、無断外泊を繰り返すようになる。ある日、家を出たきり行方がわからなくなると、規士の同級生が殺害されたニュースが流れる。警察からは、規士が事件に関与した可能性が高いと告げられ、行方不明は3人。犯人と見られる逃走中の少年は2人。犯人であっても生きていてほしいと願う母(石田)と、息子の無実を信じたい父(堤)の家族の“望み”が交錯していく。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • “普通のオッサン化”に成功したと振り返った堤真一(中央) (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望み』公開初日舞台あいさつに登壇した(左から)堤幸彦監督、石田ゆり子、堤真一、岡田健史 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望み』公開初日舞台あいさつに登壇した堤真一 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望み』公開初日舞台あいさつに登壇した石田ゆり子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望み』公開初日舞台あいさつに登壇した岡田健史 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望み』公開初日舞台あいさつに登壇した(左から)堤幸彦監督、石田ゆり子、堤真一、岡田健史 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望み』公開初日舞台あいさつに登壇した(左から)石田ゆり子、堤真一、岡田健史 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望み』公開初日舞台あいさつに登壇した石田ゆり子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索