ドラマ&映画 カテゴリ

NHKで30日、放送が再開された大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。第22回「京よりの使者」は、6月7日に放送された第21回で描かれた桶狭間の戦いから4年後の冬、主人公・明智光秀(長谷川博己)は相変わらず、越前で浪人生活を送っていた。この間に、光秀と熙子(木村文乃)の間に第二子の次女たま(のちの細川ガラシャ)が誕生。“京から来た使者”細川藤孝(眞島秀和)がたまを抱っこするシーンが描かれ、ツイッター上では「ガラシャ」がトレンド入りするなど、放送再開を喜ぶ声が上がっていた。

第22回の脚本は『軍師官兵衛』の前川洋一氏が担当。京の実権を握る三好長慶(山路和弘)と、すっかり力を失ってし...

この記事の画像

  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第22回より。松永久秀(吉田鋼太郎)と伊呂波太夫(尾野真千子) (C)NHK
  • 京から細川藤孝(眞島秀和)が突然訪ねてくる(C)NHK
  • 足利義輝(向井理)に「織田信長を連れてくる」と約束する光秀(長谷川博己)(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第22回より。細川藤孝(眞島秀和)をもてなす熙子(木村文乃)(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第22回より。京へ行くことを熙子(木村文乃)に告げる光秀(長谷川博己)(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第22回より。光秀に京の情勢を教えるよう命じる朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第22回より。望月東庵(堺正章)と駒(門脇麦)がけんか(C)NHK

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索