ドラマ&映画 カテゴリ

ドニー・イェン、『イップ・マン 完結』公開に向けてメッセージ動画到着

 ブルース・リーがその生涯で唯一“師匠”と呼んだ詠春拳の達人イップ・マン。激動の時代に誇りを貫いた彼の半生を描き、アジアでの驚異的なヒットのみならず世界中に熱いファンを生み出した”イップ・マン”シリーズの完結編となる映画『イップ・マン 完結』が、7月3日より公開される。自らも敬愛するブルース・リーの師匠イップ・マンを10年以上にわたり演じ続けた主演のドニー・イェンより、日本公開に向けてのメッセージ動画が到着した。

 「こんにちは、ドニー・イェン(です)!」という日本語から始まる動画は、日本のファンにむけて今回のコロナ禍の前に収録されたもの。ドニー・イェンは「“イップ・マン”シリーズを応援してくれてありがとう」と笑顔で続け、「『イップ・マン 完結』がいよいよ日本で公開となります。楽しんでください」とコメント。最後に「ありがとう」と日本語であいさつを締めくくっている。

 さらに、本シリーズ全作品の音楽を担当した川井憲次氏からのメッセージも到着。「イップ・マン がついに完結してしまいます。僕は4作品やってきて、少し寂しい思いもありますが、皆さん、どうか最後のイップ・マンをお楽しみください!」と、シリーズファンの寂しさを代弁するかのような言葉を寄せている。

 完結編の舞台はアメリカ、教え子ブルース・リーと再会したイップ・マンが、残される息子への思いを胸に、異郷に生きる人々、そして自らの武術家としての誇りを守るため、最期の闘いに臨む。10年に渡る“イップ・マン”シリーズの集大成。激動の時代、家族への愛を胸に武術家としての誇りを貫いたイップ・マンの姿も本作で見納めとなる。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 映画『イップ・マン 完結』(7月3日公開)主演のドニー・イェン、新カット (C)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.
  • メイキングカット(C)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索