ドラマ&映画 カテゴリ

【麒麟がくる】ユースケ・サンタマリア、光秀との初対面シーンで「謎の高揚感」

 NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。きょう17日放送の第18回から、物語の主な舞台が美濃から越前へ移る。今回から、新たにユースケ・サンタマリアが演じる朝倉義景(あさくら・よしかげ)が登場。ユースケは大河ドラマ初出演となる。

 朝倉義景は、明智光秀(長谷川博己)が、斎藤高政(伊藤英明)の手を逃れて入った越前を支配する戦国大名。室町幕府からの名家で、一乗谷を中心に小京都ともいうべき美しく豊かな国・越前を思うがままに営んでいる。京とは距離を置いてつきあっているが、幕府と懇意な光秀を、いいように利用する。

 ユースケは「大河ドラマ初出演です。時代劇の経験が少ないので、所作などしっかりと身に付けなければと思い、監督に相談しましたが、監督 からは『所作などは考えず、人物像も調べないで、いつものユースケさんでやってほしい』と言われました。その言葉を受け取って、ほとんど前知識を入れずに手探り状態で撮影に臨んでいます。監督からは『その迷っている感じが良い』と言われ 、 根拠のない自信がつきました(笑)」と、コメントを寄せた。

 初めての大河ドラマ、そのクランクイン初日に、光秀と初めて対面するシーンを撮ったといい、「『面(おもて)を上げよ』というせりふは、これまた謎の高揚感がありましたね (笑 )」と、ユースケ。

 義景は、ここまでの登場人物にはいなかったタイプのキャラクター。「一癖も二癖もあるつかみどころのない戦国大名ですが、演じていく中でどんどん愛着がわいています」と話す。そういう状態にあると、視聴者にも自然とポジティブな雰囲気が伝わるもの。「『麒麟がくる』の中では、朝倉義景を一番輝かせたいと勝手に思っています。是非、お楽しみに」と、意気込んでいる。

 制作統括の落合将氏は「“本木道三”が見事に散って、ついに新たな戦国大名の登場です! 厳格だがケチだった前主君とはうってかわって、今回の大名はつかみどころなく、光秀を翻ろうします。大河ドラマ初出演のユースケさんも現場でのらりくらりと我々を翻ろうし、まさしく“麒麟版・朝倉義景”がそこにいるかのように我々を錯覚させてくれました」と、今回のキャスティングに満足げ。

 「中盤、朝倉義景は光秀の運命に大きく関わり、最終的に光秀と信長の前に大きな敵としてたちはだかります。本格的な撮影はこれからですが、ユースケさんがどのように朝倉義景の人物像を育ててあげてくれるか、今から楽しみでなりません」と、今後のキーパーソンとなる“ユースケ義景”への大きな期待をかけている。

関連写真

  • 大河ドラマ初出演のユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景が登場。『麒麟がくる』は、第18回(5月17日放送)より物語の主な舞台は美濃から越前へ(C)NHK
  • 最終的に光秀と織田信長の前に大きな敵としてたちはだかることになる朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索