アニメ&ゲーム カテゴリ

声優の“声援”に反響 悠木碧、梶裕貴、諏訪部順一、関智一ら自宅待機の人たちを支援

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの人が自宅待機を余儀なくされていることから、少しでも楽しませるべく人気声優たちが“声”で“声援”する動きが広がっている。特にアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』鹿目まどか役、『ヒーリングっど◆プリキュア(◆=ハート)』花寺のどか/キュアグレース役などで知られる悠木碧が始めた絵本&児童書の読み聞かせ企画「#せいゆうろうどくかい」に、多くの声優仲間が賛同し大きな反響を呼んでいる。ここでは、声優たちによる自宅待機中の人たちに向けた支援の形を一部紹介する。

【写真】その他の写真を見る


 この企画は悠木が自身のツイッターにて7日、「ニュースで、自宅待機をがんばる親子の為に、絵本の読み聞かせを配信している大統領さんがいらっしゃる事をしり、すごくすてきだと思ったので私もチャレンジしてみようと思います」と伝えたことが始まり。この発端は、リモートワークと育児の両立をする親の負担を減らすために、イスラエルのリブリン大統領が、絵本の読み聞かせをテレビを通して行ったもので、世界中で話題となっていた。

 そして、8日に音声データ共有サービス「soundcloud」を通じて同企画をスタートし、第一弾は国語の教科書にもなるほどの名作『手袋を買いに』を公開。手袋を買いに人間の町に行く子狐の物語で、悠木が語り、キツネ親子を演じ分け、9日正午現在3.5万リツイート、6.9万いいねの反響になっている。

 この企画は、声優仲間の梶裕貴高橋李依園崎未恵、今井麻美、井ノ上奈々らも賛同し、その後、児童書(『桃太郎』など)を朗読した音声を公開。井上喜久子、かないみか、安元洋貴らも参加を表明しており、人気声優たちからの声援にファンは「声優さんならではの声援ですね。感動しました」「元気をもらいました!ありがとうございます」「耳が幸せでめちゃくちゃ癒されました…ありがとうございます」「このすばらしい朗読が全国の子どもに届いて欲しいです」などと感謝の気持ちを寄せた。

 これ以外の企画でも、声優たちはさまざまな形で自宅待機支援をしている。諏訪部順一は、7日に自身のツイッターにて「頑張って自宅待機している子ども達を応援する方はいらっしゃるようなので、自分は子どもたちを支えるママにエールを送ります!みんなで力合わせて乗り越えましょう!」と世の中の母親に向けてエール。関智一も8日に「外出する機会がめっきり減ったアナタ! 僕と一緒にラジオ体操しませんか?」とYouTubeチャンネルを開設し、ラジオ体操をする動画を投稿した。

関連写真

  • (左上から)梶裕貴、悠木碧、高橋李依(左下から)園崎未恵、諏訪部順一、関智一
  • 悠木碧
  • 梶裕貴
  • 高橋李依
  • 園崎未恵
  • 諏訪部順一
  • 関智一

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索