• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 中島健人&平野紫耀『anan』に登場 多面的な“バディ”の魅力が凝縮

中島健人&平野紫耀『anan』に登場 多面的な“バディ”の魅力が凝縮

 人気グループ・Sexy Zone中島健人King & Prince平野紫耀が、4月1日発売の女性グラビア週刊誌『anan』(マガジンハウス)に登場。4月スタートの日本テレビ系ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』でW主演を務める2人が、インタビューではお互いの思いを語りあった。

 2人は今号の表紙&グラビアに12ページで登場。ワイルドでありながらも、どこかフェロモンを感じさせる開襟シャツに身を包んだふたりが、ぎゅっと肩を組んでこちらを見つめる表紙はクールな仕上がりに。ドラマは警察学校が舞台、かつアクションシーンも多め、ということもあり、今の鍛え上げられたカラダの線からも男らしさが溢れている。

 グラビア撮影では、コンクリートの壁床や階段、ステンレスのフェンスなどを用意。どこか警察学校を彷彿とさせるシチュエーションの中で撮影した。ステンレスのバーを持ち上げたり、担いだりする「たくましい2人」や、フェンスの中に閉じ込められて妖しげな光を浴びている「刹那的な2人」、また、くすぐって戯れ合う姿や、爽やかな笑顔を向ける「お茶目な2人」など、多面的なバディの魅力が凝縮。

 「お互いに似ているのは向上心。撮影現場でも高め合っている感じがします」と語っていた中島。その言葉通り、雄々しくもあり、艶もあり、柔らかさもあり……。さまざまな表情を見せてくれる2人は、互いに高め合いながらカメラに挑んでいるように見えた。そんな息の合ったコンビネーションがしっかり写真にも表れているので、注目だ。

 ソロインタビューでは、共演が初めての今回ドラマで、お互いに関しての印象や関係性、うらやましいと感じる部分などを質問。それぞれにとっての「バディ」と思える存在についても真摯に語ったほか、今回の特集テーマである「エシカルライフ」、地球や人、環境にやさしい行動、暮らし方についても、それぞれの思いを話している。

オリコントピックス

 を検索