ドラマ&映画 カテゴリ

高橋一生、蒼井優と再び夫婦役 黒沢清監督作品初参加

 俳優の高橋一生が、NHKのスペシャルドラマ『スパイの妻』(6月放送)に、主演の蒼井優が演じる主人公・福原聡子の夫で貿易商の福原優作役で出演することが明らかになった。高橋が主演を務め、ヒロイン役を蒼井が演じた映画『ロマンスドール』に続いての夫婦役となる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、映画『CURE』『散歩する侵略者』などの作品で見せた独自の作風で国内外にファンを持つ黒沢清監督が、8K・スーパーハイビジョンで制作中のラブサスペンス。

 舞台は、1940年、第二次世界大戦前夜の神戸。時代の不穏な空気を感じ取っていた貿易商・福原優作(高橋)は、妻・聡子(蒼井優)を残し、甥である竹下文雄と共に満洲に赴く。優作は偶然そこで目にした非道な行いを世界に知らしめなければならないと心に決め、行動に移そうとする。

 その頃、聡子は 幼なじみである憲兵・津森泰治に呼び出され、優作が満州から連れ帰ったという女の死を告げられる。嫉妬に駆られた聡子は優作を問い詰めるも、やがてその意志を知り、彼の身の安全と二人の幸せのために驚くべき行動に出る。幸福で平穏な日常が戦争という時代の波に翻ろうされる中、聡子と優作がたどり着く運命とは?

 高橋は「クラシックな物語性と新しい試み。リズムに還元されてしまいそうな劇的なせりふの数々。初めての黒沢組は終わって欲しくない程充実した時間の中でお芝居をさせていただきました。この作品の完成が心から楽しみです」とコメントしている。

 また、音楽は、スリーピースバンド、ペトロールズのフロントマンであり、椎名林檎を中心に結成された「東京事変」では浮雲の名で活動するギタリストの長岡亮介が担当することが発表された。

関連写真

  • 8K・スーパーハイビジョンで制作中のスペシャルドラマ『スパイの妻』(6月放送)蒼井優と高橋一生が夫婦役(C)NHK
  • 音楽は長岡亮介が担当
  • 8K・スーパーハイビジョンで制作中のスペシャルドラマ『スパイの妻』(6月放送)主演の蒼井優
  • 8K・スーパーハイビジョンで制作中のスペシャルドラマ『スパイの妻』(6月放送)高橋一生が出演

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索