ドラマ&映画 カテゴリ

織田裕二&中島裕翔、月9クランクインでコンビネーション発揮

 俳優の織田裕二が主演し、Hey! Say! JUMP中島裕翔が相棒役を演じる4月スタートのフジテレビ系“月9”『SUITS/スーツ2』が2月初旬、都内のスタジオでクランクインを迎えた。初日ゆえの緊張からか、セリフを間違え「固い、固い! 緊張してる!」と反省する中島を、織田が何も言わずに肩を組んで一緒にセットに戻る場面もあり、前作から育んできた二人のコンビネーションの良さを発揮した。

 同作は2018年10月期の月9ドラマ『SUITS/スーツ』の続編。全米メガヒットドラマ『SUITS』のシーズン2を原作に負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午(織田)と経歴詐称の天才青年・鈴木大輔(中島)がさまざまな訴訟に向き合い、問題を解決していく重厚なストーリーと、海外原作ならではのユーモラスさとテンポのいい掛け合いが見どころのリーガルドラマ。

 舞台となったのは甲斐が所属する『幸村・上杉法律事務所」のスタイリッシュな豪華セットの中。スタッフが織田、中島を紹介すると大きな拍手が起こり、二人に続いて紹介されたチーフ監督・平野眞は、Wピース。すると、すかさず中島が「Wピースだよ!蟹江?蟹江?」と、甲斐のライバルでもある同僚弁護士の名前を引き合いにスタッフの笑いを取るなど、和やかなムードで始まった。

 ファーストシーンは、甲斐がボストンから戻ってきた大輔に「復帰へのリハビリだ」と言って任せた大手出版社の案件に関するやりとり。『幸村・上杉法律事務所』のクライアントであるこの大手出版社は、元契約社員の女性から「小説のアイデアを盗用された」と訴えられていた。大輔が「完封で勝利を」と言うと、「9回までやるのか?」と甲斐が返す、小気味よい会話が繰り広げられる。

 織田と中島は、ワンカット撮影するたびに少し離れた場所にある大型モニターまで移動して演技をチェック。チェックを終え、オフィスのセットに戻る間に織田がせりふを口ずさめば、すぐに中島自分のせりふを続けて返すなど、すっかり出来上がった空気感のなか、順調に撮影を進行させた。なお、クランクインをはじめとする撮影メイキングや裏話は、公式サイトや公式SNSでも随時紹介していく予定となっている。

関連写真

  • フジテレビ4月期の月9ドラマ『SUITS/スーツ2』よりクランクインを迎えた(左から)中島裕翔、織田裕二 (C)フジテレビ
  • フジテレビ4月期の月9ドラマ『SUITS/スーツ2』よりクランクインを迎えた織田裕二 (C)フジテレビ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索