ドラマ&映画 カテゴリ

渡邊圭祐、新人ナースマン役でTBSドラマ初レギュラー “魔王”佐藤健と密接に関わるヘタレキャラに

 俳優の渡邊圭祐が、女優の上白石萌音が主演する来年1月スタートのTBS系連続ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(毎週火曜 後10:00)の追加キャストとして香里奈毎熊克哉山本耕史と共に発表された。4人は主人公の看護師・佐倉七瀬(上白石)と彼女の運命の男性となる“ドS”ドクター・天堂浬(佐藤健)に密接に関わることとなる登場人物たちを演じる。

 渡邊は七瀬の同期である新人看護師・仁志琉星(にし・りゅうせい)を演じる。仁志は、患者たちから人気が高いが、看護師でありながら血を見るのが苦手というヘタレキャラ。ひょんなことから天堂とただならぬ縁を持つ謎の美女・流子(香里奈)と出会い、瞬く間に恋に落ちることとなる。

 テレビ朝日系で放送されていた『仮面ライダージオウ』に仮面ライダーウォズ/ウォズ役で出演し、「我が魔王」という決めせりふで話題となった渡邊。今作では『仮面ライダー電王』で“ヘタレキャラ”だった仮面ライダー電王/野上良太郎を演じた佐藤が“魔王”となる。仮面ライダーファンにとっても大注目のドラマとなりそうだ。

 同ドラマは小学館『プチコミック』で掲載されていた円城寺マキ氏による漫画を実写化。ある日、偶然起きた出来事で天堂に恋した七瀬は彼を追いかけて看護師に。ついに再会を果たすものの天堂は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人だった。周囲から「魔王」と恐れられている超ドSな天堂に憤慨しつつも、仕事に恋にまっすぐな七瀬は、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく。

■渡邊圭祐コメント

このたび、仁志琉星を演じさせていただくことになりました渡邊圭祐です。
初めてのTBSの連続ドラマに出演させていただくということで、気合いが入るのと同時に、一つの歯車として物語の一端を担わせていただく緊張感もあります。
ヘタレでなよなよして、看護師でありながら血が苦手、という情けない新人ナースマンではありますが、作品とともに皆様に愛していただけるキャラクターとなれるよう努力していきたいと思います。
恋に仕事に忙しい七瀬の成長と、魔王・天堂先生との恋の行方に注目していただき、2020年の新たなスタートが楽しく明るいものになるよう、僕自身精一杯演じさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします!

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索