• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 『パラ開閉会式』出演者を3カテゴリーで募集「すごい役と思わず応募を」

『パラ開閉会式』出演者を3カテゴリーで募集「すごい役と思わず応募を」

 東京2020組織委員会は9日、都内で『東京2020パラリンピック競技大会』開会式・閉会式出演キャスト募集に関する記者会見を開催。募集するのは、開会式・閉会式の主役となる「リーディングキャスト」(若干名)など3カテゴリーで、あす10日〜来年1月10日まで受け付ける。またパラリンピック開会式のステージ演出に劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ氏、閉会式は劇作家・演出家の小林賢太郎氏が担当すると発表された。

【写真】その他の写真を見る


 大会の開会式は8月25日、閉会式は9月6日に行われる。募集するのはリーディングキャストのほか、個人やグループにフォーカスするパートで演出内容に合わせて自身が持つ個性や特技を活かしたパフォーマンスを行う「オリジナルキャスト」(20人程度)と、集団群舞のパートでパフォーマンスする「マスキャスト」(400人程度)。障害のある人や、生活する上で何らかの制約があると認識されている人の積極的な参加を求めている。障害の種別、障害手帳の有無、補助器具の有無は審査に影響しない。

 出席した佐々木宏エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターは、リーディングキャストについて「あるストーリーの主役を演じる。必ずしも演劇経験者に限らない。開会式閉会式ともに1、2人が、主役の演者とコンビでパフォーマンスすることを想定している。すごい役だなと思わず応募してもらえれば」と呼びかけた。

 栗栖良依クリエーティブ・ディレクターは「既存の枠組にとらわれず、常識とか価値観を次の次代に向けアップデートしてもらえるような個性のある方。全国にたくさん眠ってると思うので、これをきっかけに出てもらいたい」と期待し、「障害の重度とか種別を問わず幅広く受け入れたい。個人の体力にも配慮しながら出演の機会を作りたい」としている。

 応募資格は、3カテゴリーとも2014年4月1日以前に生まれた人。リーディングキャストは個人が対象で、演技の経験がなくても応募できる。オリジナルキャストは個人、グループで応募可能。パフォーマンス経験が必要だが、経験年数や受賞歴は問わない。マスキャストについてはグループのみの応募に限り、代表者か副代表者がパフォーマンス経験者であること、振り付けを覚えてメンバーに教えることができることを条件としている。

 審査は、第1次審査が来年1月、第2次審査が来年2月29日、3月1、7、8日のいずれか1日で行われる。4月から都内で説明会が行われ、5〜8月は自主練習とリハーサル期間としている。会場となるオリンピックスタジアムでのリハーサルを8月中旬に実施し、8月25日に開会式本番を迎える。閉会式については、8月下旬〜9月上旬に関東近郊でリハーサルを行い、9月6日の閉会式本番に臨む。

 東京2020大会公式サイト内の募集サイトから応募可能。サイトは10日正午に開設される予定。

関連写真

  • (左から)佐々木宏エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター、栗栖良依クリエーティブ・ディレクター、ソメイティ (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京2020パラリンピック競技大会』開会式・閉会式出演キャスト募集に関する記者会見に出席した(左から)佐々木宏エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター、栗栖良依クリエーティブ・ディレクター (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京2020パラリンピック競技大会』開会式・閉会式出演キャスト募集に関する記者会見に出席した(左から)佐々木宏エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター、栗栖良依クリエーティブ・ディレクター (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京2020パラリンピック競技大会』開会式・閉会式出演キャスト募集に関する記者会見に出席した佐々木宏エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京2020パラリンピック競技大会』開会式・閉会式出演キャスト募集に関する記者会見に出席した栗栖良依クリエーティブ・ディレクター (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索