ドラマ&映画 カテゴリ

桂雀々、“寅さん”役に重圧 さくら役の常盤貴子がサポート

 落語家の桂雀々と女優の常盤貴子が2日、都内で行われたNHKプレミアムドラマ『贋作 男はつらいよ』試写会に登壇した。山田洋次監督、故・渥美清さん主演による映画『男はつらいよ』の世界を現代の大阪に置き換え、山田監督の原作脚本で“寅さん”が蘇る今作。と車寅次郎を大阪弁で演じた雀々は「なんせ国民がみんな知っている渥美さんの後。大阪弁であるにしても寅さんのイメージを崩してはいけない。でもキャラは立たなければといけない。ベースは寅さんでありながら自分らしさも出す葛藤はありまして。プレッシャーはすごくありました」と重圧を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 落語会『桂はつらいよ』のチラシで寅さんに扮した雀々を山田監督が目にしたことが、今作の抜てきのきっかけに。雀々は「モノマネする人はいっぱいいるけど、雰囲気を出せることだけで選ばれた。知名度も演技力の情報もない段階で名指しをいただき、不安と心配材料でクランクインしました」と苦笑。「なんせ初めての経験なので、まわりの共演者に支えられ、みなにご迷惑をかけ、ようやく乗り切った。必死で頑張った次第です」と達成感をにじませた。

 初めてのことだらけで「心の余裕はまったくなかった」と撮影当時を振り返る雀々が「一番支えられた」というのが、寅さんの妹・さくらを演じた常盤。「なにがあってもお兄ちゃんの味方だと思ってクランクインしたので、雀々さんをなにがあっても守るって。NGが続いても構いません!って『むしろ良くなります』って」とサポート役を全うしたそう。

 一方、常磐自身も倍賞千恵子の演じた人気キャラクターを演じることで「私も、なんて恐れ多いことをしてしまったんだ、と。倍賞さんのイメージがありますし、あまりにもかわいいので、そのさくらをというのもあるんですけど…」と葛藤があったことを告白。それでも「これだけの人気のある名作を、山田監督が贋作で作ってみようと思われたことがうれしく、それに乗りたいと思ってさくらを研究したいと。中に入って演じることで、よりわかることもある。だから『寅さん』は面白いと納得できて宝のような時間でした」と噛み締めた。

 そんな常磐の支えもあって、雀々は「だんだん慣れてくるというか、寅さんってこういう寅さんだぞと、自分なりに言い聞かせて終えた感じです。『雀々の寅さん』がちょっとでもできたのではという気持ちです」と手応えをにじませる。改めて『男はつらいよ』シリーズも見返したそうで「とてもじゃあないけどマネできません。返って一般視聴者になって断ればよかったと…」と自虐しながらも作品の良さを実感していた。

 来年1月5日より、BSプレミアムにて毎週日曜午後10時から放送。

関連写真

  • (左から)桂雀々、常盤貴子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKプレミアムドラマ『贋作 男はつらいよ』試写会に登壇した(左から)桂雀々、常盤貴子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKプレミアムドラマ『贋作 男はつらいよ』試写会に登壇した桂雀々 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKプレミアムドラマ『贋作 男はつらいよ』試写会に登壇した常盤貴子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索