ドラマ&映画 カテゴリ

笑福亭鶴瓶、フリー転身の笠井アナにダメ出し「ええ加減やからな」 映画感想に苦言

 落語家でタレントの笑福亭鶴瓶が8日、都内で行われた主演映画『閉鎖病棟』大ヒット舞台あいさつに登場。10月よりフリーに転身し、この日の司会を務めた元フジテレビの笠井信輔アナウンサーの映画の感想にダメ出しした。

【写真】その他の写真を見る


 作家・帚木蓬生氏の山本周五郎賞受賞作を映画化した本作は、とある精神科病院が舞台。家族や世間から遠ざけられながらも、明るく生きようとしていた患者たちの穏やかな日常に起こる殺人事件をめぐって、物語が展開していく。

 さまざまなことを考えさせられる内容なため、笠井アナは「感動が国を越えて国境を越えて広がっているわけですよ、鶴瓶さん」と話すと、鶴瓶は「いやいや、僕はわかっていますよ。観客の方が泣いていて、大人の方が泣くのは珍しい」と即答。

 続けて「わかります!」とうなずいた笠井アナに「見たの?」と追及すると、「見てますよ、見ないと司会に呼ばれませんから」と突然の質問に大慌て。その姿に鶴瓶は「お前、ええ加減やからな、(出演していた)『とくダネ!』でもよう、間違っているで」とイジっていた。

 「すべての作品を見てから司会をしますから! 間違っていないですよ、噛んでいるだけですから!」と苦笑いする笠井アナに、鶴瓶は「ほんまに見たの? 逆に聞くわ。どこがよかったの?」と逆質問。「あ、あの〜、非常にしんどい物語です」と返答があると、「今から見る人(観客)に、よう、そんなこと言えるな! ほかの言い方あるやろ!」と喝を入れていた。

 すかさず笠井アナは「しかし、見終わったあとに『なんて良い映画なんだろう』と思える転換がすばらしいですよ、この映画」とフォローしたが、鶴瓶は「わかりました…」と納得していない様子だった。

 この日は、平山秀幸監督も登場した。

関連写真

  • 笠井信輔アナウンサーの映画の感想にダメ出しした笑福亭鶴瓶(左) (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『閉鎖病棟』大ヒット舞台あいさつに登場した(左から)平山秀幸監督、笑福亭鶴瓶 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『閉鎖病棟』大ヒット舞台あいさつに登場した(左から)笑福亭鶴瓶、笠井信輔アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『閉鎖病棟』大ヒット舞台あいさつに登場した笑福亭鶴瓶 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『閉鎖病棟』大ヒット舞台あいさつに登場した平山秀幸監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『閉鎖病棟』大ヒット舞台あいさつに登場した笠井信輔アナウンサー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索